赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんのしゃっくりの止め方はある?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

ミルクを飲んだ後や、
なぜか急に始まる「しゃっくり」


それが意外となかなか止まらないんですよね。


大人だったら、息を止めたり、
お水を飲んだり、驚かせてもらったり・・・


でも当然、赤ちゃんには無理な事。


じゃあ、どうやったら止まるの?
止め方はあるの?


今回は、赤ちゃんのしゃっくりの止め方について
お話したいと思います。



Sponsored Link1

【しゃっくりに止め方のコツがあるの?】


そもそも、赤ちゃんのしゃっくりは
なぜ出るのか・・・ご存知ですか?


原因は2つあります。


①ミルクを急に飲んだりして胃に刺激を与えられた時
②オムツが濡れて体温が下がった時


これらにより、横隔膜が痙攣を起こして
しゃっくりが出るんです。


そして赤ちゃんは、心拍数が早いので、
しゃっくりの間隔も早く、苦しそうに見えます。


なかなか止まらず、見ている方としては、
かわいそうになってしまいますよね。


でも、赤ちゃんのしゃっくりが2,3時間続く事は、
それほど珍しい事ではありません。


横隔膜の痙攣なので、
時間が経てば自然に治まります。


そうは分かっていても、
出来る事なら、早く止めてあげたいですよね。


まずは、ミルクか白湯を飲ませて、
その後にゲップをさせて見て下さい。


ほとんどの場合、これで止まりますが、
これでも止まらなければ、
体温が下がっているかもしれないので
オムツも確認して、替えてみてくださいね。





【娘の場合】


娘も授乳の後に、よくしゃっくりが出ていました。
しゃっくりの間隔も早いので、
見ている私の方が苦しそうに見えました。


早く止めてあげないと・・・と焦って、
いろいろと調べていました。


すると、まずはミルクか白湯を
飲ませてあげるのが良いとありました。


でも娘の場合、ほとんどが授乳の後だったので、
あまり飲みたがらない様子でしたが、
ほぼ強引に・・・?
白湯を飲ませていました。


白湯を飲ませてみると、
ゲップをさせるまでもなく、
不思議とすぐに止まっていました。


そして、成長して6歳になる今でも、
しゃっくりはよく出ます。
しかも、なかなか止まりません。


やっと止まった!と思っても
またすぐに始まったり・・・


幼稚園に入ったくらいからは、
息を止めてゴックン!を試すようになり、
その方法で、ほぼ止まるようになりました。



Sponsored Link2

【最後に・・・】


赤ちゃんは体も小さく、言葉も分からないだけに、
ちょっとした変化だけでも焦ってしまいますよね。


でもしゃっくりは大丈夫です。
赤ちゃんにはよくある事です。


焦らず、まずは背中をさすったりしながら、
しばらく様子を見ていて下さい。


それがいつまでも続くようなら、
ミルクや白湯を飲ませて、ゲップをさせてあげましょう。


抱っこして、ママの温もりで、
意外と早く、しゃっくりも止まるかもしれませんよ!






「etos」より

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP