赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんのかぶれ対処法!

Sponsored Link

すべすべプニプニのお餅の様な赤ちゃんのお肌・・。
そんな赤ちゃんの綺麗なお肌はとてもデリケートですよね。

google Sponsored Link1


少しの刺激でかぶれてしまうことも多々あるかと思います。
今回は、そんなか弱い大事なお肌を守る方法をお届けします!




かぶれやすい部位は・・?


かぶれで多い場所は、赤ちゃんの首元や手足の関節部分です。
ムチムチと豊満な体の赤ちゃんは、
お肉で埋まって汗をかきやすいこの部分が、
かぶれやすいのです。


首元は特にヨダレやオッパイの
飲みこぼし等が付着しやすいので、
なお要注意です!


他に多いのが、オムツかぶれですね。


オシッコやウンチが肌に触れている時間が
長いと、かぶれやすくなります。


オムツの素材が赤ちゃんの
お肌に合っていない場合もあります。




google Sponsored Link2


これが対処法です!

石鹸を使おう!


まだ低月齢の赤ちゃんは皮脂の分泌が盛んなので、
よく泡立てた石鹸で優しくなでるように患部を洗ってあげましょう。


赤ちゃんの肌は薄く繊細なのでゴシゴシこすってはいけません。


私の娘も一時首元が真っ赤になったり、
垢のようなモロモロがたくさん出てきて心配しました。


お医者さんに連れていくと、
石鹸でマメに洗うように指導を受けました。


言われたことを実践したら、
徐々に元の綺麗なお肌に戻りました。



汗をこまめに拭いてあげよう!



先程お伝えした通り、赤ちゃんはとっても汗っかき!
汗をかいたままの状態は赤ちゃんの肌に負担がかかります。
水で濡らした柔らかいガーゼハンカチなどで汗を拭いてあげましょう。


肌着をまめに交換してあげることも大事です。
気付いたらシャワーで汗を流してあげてもいいですね。



赤ちゃんにとって快適な環境を作ろう!



いくらまめに赤ちゃんのお世話をしても、
赤ちゃんの過ごす環境がよくなければお肌はかぶれやすくなります。
エアコンで部屋を適温にしましょう(25度ぐらいを推奨)。


エアコンの風が、直接赤ちゃんに当たらないように気を付けて下さい。
夏なら、風通しのいい涼しい部屋に寝かせるのもいいですね。



どうしても治らなければお医者さんに・・



お家で色々試してみても治らない場合は、
かかりつけの小児科か皮膚科で診てもらいましょう。


ステロイドを処方して下さる場合もあります。


おわりに・・


いかがでしたか?
大切な赤ちゃんのお肌が、
かぶれてしまうのを見ると痛ましい気持ちになりますね。


かぶれ対策の基本は清潔です!


赤ちゃんのお肌が汗や排泄物でストレスを
受ける機会を、積極的に減らしてあげましょうね。


皆様に、ピカピカお肌の赤ちゃんとの毎日が訪れますように・・。


タナカ イチコより

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link