赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんがお熱と顔に発疹!対処法は?

Sponsored Link

赤ちゃんが熱を出し、発疹が顔に出来ていると
何の病気かしら?と心配になりますね。

google Sponsored Link1



熱が出ただけでも、心配で、何故、気を付けて
あげられなかったのかな?
私が代わってあげたいと思うママさん
たくさんいらっしゃると思います。




今回は、発熱とその他症状と
対処法についてお話したいと思います。



【熱が出て、発疹が出来る病気は何?】



熱が出ると、まずは風邪かな?と思いますよね。
でも、それ以外に症状が出ると何!?これは?
と思いますよね。



赤ちゃんの、顔に発疹を伴う熱の病気は、

≪突発性発疹≫

 突然の38~40度の高熱が3日くらい続く。
 熱が下がる頃に小さな赤い発疹が
 顔・首・お腹から全身に広がる。
 高熱以外、症状はないが熱が高い為、
 熱性けいれんに注意が必要。

≪川崎病≫

 40度近い高熱と共に手足の先が赤く腫れる。
 2~3日後に発疹、唇と口の粘膜や首の
 リンパ節の腫れ、目の充血がある。

≪水痘(水ぼうそう)≫

 初めは身体の1ヶ所に小さな発疹ができ、
 数日後に身体全体に広がる。
 発疹は、小さな赤い発疹から、水疱になり、
 膿庖が潰れ、乾燥しかさぶたになります。
 痒みが強く出て、発熱もあり、高熱に
 なる事もある。
 全ての水疱がかさぶたになるまで5~7日
 くらいかかる。

≪はしか(麻疹)≫

 発熱と咳などの風邪の症状と結膜炎が
 3~4日続き、1度熱が下がり始めたぐらいで、
 口内炎(コプリック斑)がみられ、再び発熱。
 発疹が、耳の後ろ・顔・首・体・手足に広がる。


 

顔の発疹が見られる病気は、以上のような
病気があるが、他にも、手足口病・リンゴ病・
溶連菌・ヘルパンギーナなど身体の部分の
どこかしらに発疹が見られる病気もあります。




はしか・水ぼうそうは、ワクチンで予防が
できますから、心配はいりません。




かかりつけの病院に受診するのが
1番ですが、休日などは無理ですから
夜間救急等の診療所を利用しましょう。



熱が出ると熱さまシートを貼ろうと
しますが、嫌がる赤ちゃんもいます。
そういう場合は、無理をする事はありません。




水分補給をしっかりさせることだけ
忘れず気を付けてあげましょう。



google Sponsored Link2



【さまざまな病気、症状がありますよ】


風邪だけでも、細菌性・ウィルス性と分かれて
おり、色々な病名があります。




身体に表れる症状もさまざまで、出る子
出ない子と表れ方も違います。




突発性発疹も多くの乳児がなりますが
最初の熱だけでは判断しにくいようですね。




熱が下がり始め、発疹が出て始めて
『突発性発疹』と判断されるようです。




うちの子の突発性発疹の時は、本当に熱だけで
『ねんねしようよ。』と言っても嫌がって
寝てくれませんでした。




無理に寝かせようとすると、嫌がって泣いて
いたので、水分補給をし、様子を見て、
静かに過ごしました。




特に問題はなく、熱も下がり
発疹も少ししか出ませんでした。
なかには、たくさん出る子もいるようです。




ただ、高熱の時は、熱性痙攣に
気を付けてあげる事を忘れないで下さい。




【最後に】


赤ちゃんが熱を出し、発疹が出ると
どうしたのかしら?と、おろおろして
しまうかもしれませんが、落ち着いて下さい。




そういう時こそ、深呼吸し、
我が子の症状をしっかり見なくては
いけません。




病院に行き、先生に話さなくては
いけませんからね。




不安な事は、しっかり聞いて
病気の内容をきちんと理解して
看病してあげて下さいね。




病気をし、元気になり
だんだん強い体になっていきます。




あまり神経質にならず、
子供の様子や体調をしっかりみて
優しくケアしてあげて下さいね。




でも、ママも無理は禁物です。
ママが体調を崩したら、赤ちゃんの面倒を
見てくれる人がいませんからね。




ママも休める時には、休んで、
看病疲れを出さないようにしましょうね。




ちょろたんより

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link