赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんがお熱とお腹に発疹!対処法は?

Sponsored Link

今日はどうも調子が悪そうだなぁと思ったら、うひゃ~お熱!!
元気だからお風呂に入ろうと思って検温したら…

google Sponsored Link1



えぇ!!お熱あったのぉ!!



なんてこと、ありますよね。
元々大人よりも平熱の高い赤ちゃんは、
お熱が高くても意外と元気に遊んでいられたりします。



しかし、赤ちゃんのお熱には色々な種類があります。
普通の風邪ならそこまで心配しなくても大丈夫だったりも
しますが、ケアが必要なものもありますよね。



今回は目に見えて分かりやすい、発疹を伴ったものについて
お話させていただきます。



*お熱とお腹に発疹!?*

赤ちゃんの頃は、発疹はちょっとした事でも見られますよね。
うちの僕ちゃん達も、肌が弱く、乾燥肌だったこともあり
お風呂あがりには毎日のようにブツブツ…。



しかし、お熱と一緒に出始めた発疹には
病気を知らせてくれるサインが含まれていることが多いです。
特にお腹はやわらかい部分なので、比較的発疹が出始める部分ですね。


突発性発疹

ほとんどの赤ちゃんが1歳までにかかるといわれている
発疹を伴うとても有名な病気ですね。
38~40度の高熱が続き、熱が下がってから赤い発疹がお腹をはじめ、
全身に広がります。

tu



ものすごい高熱のわりに、子どもがとても元気で
後々発疹が出るのも特徴的です。
初めての高熱は、だいたいこの突発性発疹ですね。



はしか

鼻水や咳等の風邪症状から始まり、高熱が出ます。
2~3日後に直径1~2平方ミリメートルの赤い発疹がお腹や顔、足、手と全身に広がります。
又、口の中に口内炎のようなコプリック斑が出るのが特徴です。

ha




お腹や背中の広い範囲で発疹がくっついて
大きな赤みを帯びた発疹になります。



水ぼうそう

38度程の発熱と同時に、お腹・胸・背中等に直径1~3mmの
赤い発疹が現れます。発疹はかゆみを伴い、
数時間から半日程で水を持ち始めます(水ぶくれのようなもの)。


mizub



さらに、顔手足、手のひらから足の裏、性器部分にまで発疹が広がります。
水疱は1~2日で白く濁った膿疱に変わり、4~5日後にカサカサなかさぶたへと
変化していきます。



蕁麻疹(じんましん)

じんましんは、アレルギー反応の一部と考えられている
ようですが、原因がはっきりしないケースも
少なくありません。

ji



皮膚が急にかゆくなり赤く盛り上がるのが特徴で、
すぐに消えたり、位置が変わって現れたりします。
失神はお腹周りや、目の周り、口の周り等、
皮膚の柔らかい場所にできやすいです。



重症なものはのどの粘膜に出ることもあるようです。
この場合、呼吸困難を引き起こす場合も
考えられます。



風邪によるウイルス性発疹

風邪を引き起こす原因となるウイルスは、200種類以上もあるとされ
その中には発疹を伴うものもあるのです。
同じウイルスに感染していても、皆が皆発疹が出るわけではないようです。

kaz



風疹のような、細かい発疹がお腹や背中などに出ます。
特にケアせずとも、自然と2~3日ほどで消えていきます。
(つい最近、うちの僕ちゃんがかかりましたw)



*出来る対処法は?*

病気によって、色々と対処法はもちろん変わってきますが
まず、診察に行く前にしてあげられる事は
何があるかな?というのを考えてみましょう。



高熱が出ている場合は、食よりも水分です。
脱水症状を引き起こさないためにも、こまめに水分補給して
あげましょう。



発疹に気づいても、むやみやたらに薬は塗ってはいけません。
場合によっては、かぶれ・悪化へとなる危険があります。
お医者さんに診断・処方してもらったものを使うようにしましょう。



受診して、お医者さんに診てもらいましょう!
先程紹介したとおり、いろいろなケースがあり、
重症化すると危険なものもあります。


また、保育園等で集団生活をしている赤ちゃんは
感染力のあるものだった場合、みんなに移してしまいますよね。
そういった意味でも専門のお医者さんに診てもらうのが一番です。



*さいごに*

とにもかくにも、お医者さんに診てもらうのが
一番なのですが…。
お熱が出て、発疹が出たときにママさんは不安になりますよね。



私もそうです。うちの子は特に肌が弱いので
発疹の出方も、派手派手…(苦笑)
そこで、これは一体どんな発疹なんだ???と
推測出来るだけでも、少しホッとして落ち着いたりしませんか?



その、少し冷静になれるアイテムとして
この記事に目を通してもらえたら幸いです。
あたふたしていては、出来る事も出来なくなってしまいますからね。



そして、必ず受診して頂く事をオススメします。
もしも!の事を考え、自分だけで判断するのはやめましょう。
赤ちゃんはお話し出来ませんからね。



普段からたくさんスキンシップをとって
赤ちゃんの様子を、こまめに見守っていてあげてください。



504u4ママより

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link