赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんのお尻拭きで流せるのはこれ!

Sponsored Link

初めての赤ちゃん、生まれてくる前に準備しようと売り場に…
そこできっと予想以上に多い種類にビックリするでしょう。

google Sponsored Link1


「値段で決める?」
「もちろん子供の為に一番いいもの!」
「でも高いからといって最高なの?」
「そういえば○○さんのところは合わなくて病院行ってたな」

そして悩むのが『流せる』『流せない』
どれが流せて、流せないのか、それを見分けるのは1点だけです。


ずばり

「トイレに流せる」と書いてあるかどうかです。

パッケージに書いていなければそれは流せないタイプだと思ってください。





流せるお尻拭きって生まれる前に準備?


結論から言うと


「生まれる前に流せるお尻拭きは買う必要はない!」


流せると便利というイメージがありますが、オムツは流せません。

はじめはとても回数も多く、
拭いたお尻拭きとオムツをそのまま丸めてポイです。

私は布オムツも作ったのを使っていましたが、
オムツを作った余り布をお尻拭きにしていました。
その時にお尻拭きが流せたらいいな、なんて思ったことはなかったです。



流せるお尻拭きが本領を発揮するのはトイレトレーニングや外出時です。



トイレトレーニング自体、基本2パターンです。



大人のトイレに補助便座をつける
おまる




どちらにせよこのあたりから流せるものを準備したほうがいいでしょう。
それが何ヶ月頃かは、その子に合った時期なのでバラバラです。


あともう一つの外出時、
これは場所によってはオムツが捨てられない場所もあります。
そんな時に少しでもゴミを減らすのにいいと思います。

公共のベビーシートでわが子を寝かせる前に、
サッとひと拭きして便器にポイ、なども考えると使えます。



どこのお尻拭きがオススメ?


みなさんいくら子供の身体にいいものが一番!
そう思っていたって値段との兼ね合いは重要ですね。

基本どこででも売っているものは


ピジョン

メリーズ

ムーニー


この三社でしょうか。


ピジョンは少し高いようですが評価は悪くありません。

メリーズとムーニーは個人的にはあまり違いはありませんでしたが
私自身は基本ずっとムーニーでした。


理由の一つとして、

詰め替え一袋が
ムーニー→50枚
メリーズ→64枚


この差です。


流せるお尻拭きを使う時期ともなれば外出が増えます。
外出時に少しでも荷物を減らしたいとなれば

ムーニーおしり拭き トイレに流せるタイプつめかえ

という選択でした。


私がネットでまとめ買いしていた時は
価格もムーニーが安かったのも大きかったです。



あと変化球として

サニーナトイレットロール

があります。実は我が家もこれでした。


サニーナとは、花王が出している
ふき取りオイルがついたトイレットペーパーです。

ティッシュに泡をシュっとやるタイプなどもありますが、
トイレットロール(以後サニーナ)がいいでしょう。


なぜトイレットロールがいいか、子供のトイレトレーニングにも関係します。
大きくなって一般的なふき取りはトイレットペーパーです。

子供によってははじめに慣れたもの以外がダメだという子がいます。
なので出来るだけトイレットペーパーに近い、それでいて拭きやすい、
それがサニーナです。


はじめはホルダー付きの物を買いましょう。
普通のトイレットペーパーの上に上手く乗るようなケースです。
これに関しては見た目にこだわるお宅には不向きです。

あと、最近はデザインが凝ったホルダーも多いので、
実際売っているものを見て、判断してください。



サニーナはオイル配合でスルッという感じで拭けます。
利点は上記したことに加えてぬれていない、という事です。


ぬれていないという事は寒いときに冷たくないのです。

これは大きいです。

私は冬に子供を生んだので、新生児の頃は保温タイプの霧吹きで
お尻を洗って軽くふき取るというやり方でした。
なのでサニーナが理想のお尻拭きでした。


難点はオイリーな為、ベトベトは一切しませんが、
手の感触がいかにも「使った後」という感じです。
肌に優しい成分ですし、悪くは無いのですが、
気持ち悪い人もいるかもしれません。

少しお高いですが、仕上げにひと拭きが綺麗にふき取れるので
実は安いトイレットペーパーで何度も拭くより経済的な気がします。
我が家は子供のトイレトレーニング後、
そのまま家族で継続して今も愛用しています。


量が多くて安くても、その分拭き取り能力が低いと損です!




結論、何を買えばいい?


これは子供に使う前にまずみんなで使いましょう!

各社のものを少しずつ買って、試しに使う人は多いでしょう。
でも、その前にあなたが使ってみましょう。


あなたが気持ち悪ければ子供だって同じだと思います。

あなたが使いにくければ子供のお尻も拭きにくいんです。


各社、ちょっとしたケースの使い勝手や
詰め替えだとフタのシールの粘着力、
出し具合、微妙に違います。

まず子供に使うとなれば、余裕もなくて大変です。

なので余裕のあるあなた自身が使う時に試すのです。


慣れない事(子供のお尻を拭く、お尻拭きを使う)を2つ一気にするより
まずお尻拭きを使う事に慣れていたほうがいいと思いませんか?

特にトイレトレーニングで使うとなると
拭くことに慣れていない子供が使う事も考えて使いやすさ重視です。

親が拭いてあげる時だってサッと拭けるほうが
子供もトイレが快適でトレーニングがスムーズに進むでしょう。



肌に合う、合わないも、自分が使ってこれがいいかな、と思ったものを
実際子供に一度使ってみればいいんです。




何がいいかしら?そう思ったら、まずはあなたが使ってみましょう。


そうすればきっと自信をもって、あなたの大事な子供に使えるはずです。


トモ913より

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link