赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんのおもちゃ手作り!布ボールを作るには?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

赤ちゃんって可愛いですよね。
可愛くて大切な赤ちゃんには、安全なおもちゃを与えたい。

そして、とても可愛いおもちゃを与えたい。
と思いませんか?


私はそう思って、手芸店でいろいろ買ったのですが
結局、満足できるおもちゃは作れませんでした。
その理由は、難しいからです。


今回は、そんな難しいおもちゃの1つ
「布ボールの作り方」についてお話ししようと思います。



Sponsored Link1

【布ボールの作り方】



私が思いつく布ボールは2種類あります。
今回は簡単そうなサッカーボール型を説明しようと思います。


必要なもの

・好きな布(色んな布きれを使うと可愛いと思います。)
・綿(大きさによりますが、沢山いるかもしれません。)
・ミシン、または針と糸
・はさみ
・厚紙
・アイロン





作り方



①内角108度の五角形の形を厚紙に書き、型紙にします。

②型紙を使って、布を五角形に12枚切ります。

③1センチ幅で折りたたみ、アイロンで折り目を付けます。
 
④真ん中になる布を選び、その周りを5枚でお花のように繋げます。
 ③で折り目を付けた線通りに、細かく縫っていきます。
 これを2セットです。

⑤2セット出来たら、それも縫って繋げます。
 形を整えながら綿を入れて、縫い閉じる



これで完成です。
説明がわかりにくかったら、すみません。
イラストで描いてみたので、参考になるととても嬉しいです。

布ボールの作り方


【注意点】


布ボールの難しい所は、
綺麗な丸さを出すところだと思います。


なので、型紙を作るときは、
大雑把にせず、分度器を使うなどをして
綺麗な五角形を作るといいと思います。


こまめにアイロンをかけて、ずれないようにしましょう。


縫うときは、綿が中から出てこないように、
細かく縫うといいと思います。


手芸中は、子どもに気を付けてください。
子どもにとっては、針もアイロンも興味の引く
おもちゃに見えるので、とても危険です。



Sponsored Link2

【最後に】


布ボールを作るときに、
男の子なら電車などの柄、女の子ならお花などの柄など
布を選ぶのも楽しみですね。


他にも、ガチャガチャの入れ物にビーズなどを入れたり、
手芸店にある、赤ちゃんグッズの押すと鳴る笛などを入れて、
音の鳴るボールも、作る楽しみになるかもしれませんね。

是非、思い出に残る布ボールを作って、
赤ちゃんと一緒に遊んでくださいね♪

くまのおかんより

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP