赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんのおもちゃピアノはいつから使う?

この記事は3分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

赤ちゃんは、目に触れるもの、手に触れるもの、
あらゆるものをおもちゃにします。




それは初めて見るものであるため、
自分で手で触れて、
かじってみたり、転がしたり、と
いろいろと試しますよね。


では、おもちゃピアノ・・・
これはいつから使うのでしょうか?
いつ与えて良いのでしょうか?


今回は、赤ちゃんの
おもちゃピアノはいつから使うのか、
についてお話したいと思います。



Sponsored Link1

【時期はない?!】



おもちゃピアノを使い始める時期について、
いつから、という決まりはありません。


それぞれおもちゃには
対象年齢が記載されていますが、
それはあくまでも、
一般的な目安に過ぎません。


赤ちゃんがお腹にいる時から
音楽を聴かせるのは良い、
とされています。


そして生まれてからすぐでも
音楽を聴かせると
嬉しそうに手や足を動かす赤ちゃんもいます。


音楽を聴いて
嬉しそうに楽しそうにしていたら、
それは赤ちゃんにとって心地良いという事です。


そして初めてみるおもちゃであれば、
何でも触っていろいろと試します。


音楽に興味がある赤ちゃんだと思えば、
おもちゃピアノに触れさせるのも良いと思います。


ただ・・・


やはり赤ちゃんなので
ピアノとなると
鍵盤を強く叩いたりすると
壊れてしまいます。


その度合いが分かる年齢として
記載されているのが、対象年齢です。


そばでママが付き添って
代わりに音を出してあげたり、
ピアノの音だけではなく、
いろんな音が出るものもあるので、
他の音にも触れさせるのは良いと思います。


おもちゃに記載されている、
対象年齢は、一人でも、
安全に遊べる年齢の目安です。


ママが付き添って、
一緒に遊んであげれば、
問題はないと思います。


早くから音楽を聴かせるのは、
豊かな心を育てる事にも繋がります。





【娘の場合】



2歳の誕生日を迎えた頃、
母が誕生日プレゼントに
おもちゃピアノを買ってくれました。


というのも、
娘はつかまり立ちが出来るようになって、
音楽を聞くとリズムに合わせて
自然と体を揺らすようになりました。


きっと音楽が好きなんだろうと
リトミックも始めて
楽しく踊っている事が多くなりました。


そんな話を母にしていたので、
少し早いけど、音楽に触れるのは良い事だから、
とプレゼントしてくれたのです。


そのおもちゃピアノは
通常のピアノの音の他にも
ボタンで、鳥や犬、かえるの鳴き声、
車のクラクションの音など
8種類ほどの音が出るものでした。


娘は自分でボタンを押して
音を出しては楽しそうにしていました。


確かにまだ、鍵盤の使い方は分からないので、
私が代わりに鍵盤を引いて聴かせました。


でも当然、隣で見ていれば、触りたくなるものです。
娘も興味津々で鍵盤に触れるようになりました。


私の真似をして同じように
鍵盤を叩いて音を出していました。


私は大丈夫だろうと、
そのまま娘から離れて遊ばせていました。


ところが・・・


遊んでいると、
やはり、叩く強さの度合いが分からず、
強く叩く事も多々あり・・・


隣にいれば、一緒に鍵盤を叩きますが、
一人になると
「バンバン!!」と叩いてしまい、
結果・・・


1年経たないうちに
音が出なくなってしまいました。


対象年齢が3歳からとなっていたので
まだ早かったのかな、と思いました。


しかし、今思えば、
早いうちからいろいろなおもちゃに触れさせるのは
決して悪い事ではありません。


私が寄り添って
娘と一緒に遊んでいれば、
壊れる事もなかったのではないかなあと
後から反省しました。



Sponsored Link2

【最後に・・・】



おもちゃを与えるのに、
いつから、という決まりはありません。


どんなおもちゃでも
対象年齢は、一般的な目安であり、
絶対的な決まりではありません。


危なくないように
ママが一緒に寄り添っていれば
安心して安全に遊べるはずです。


特におもちゃピアノのように
音楽に触れさせるのは、
早すぎる、ということはないと思います。


ママと一緒にいるからこそ、
豊かな心も育まれるのではないでしょうか。






「etos」より





Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP