赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんのおくるみでの寝かしつけ方法!

Sponsored Link

赤ちゃんをおくるみに包むと、
なぜか眠るんです!という話聞いたことがありますよね。

google Sponsored Link1



今回は、赤ちゃんのおくるみでの寝かしつけの方法についてご紹介します。


【・おくるみでぎゅっとくるんで】


赤ちゃんは狭いところが好きです。
なぜか?それは、ママのお腹の中が
狭かったからです。


丸まって、きゅっと狭く、あたたかいと
落ち着くのだそうです。


また、脇が開くと不安になる赤ちゃんが、
脇が閉まることで、安心できるのです。


足も包まれいる感覚で、
安心します。


赤ちゃんがお腹にいるときの体勢を思い出してください。
頭側に足が折れ曲がり、Uの字になっていましたよね。
あれが、赤ちゃんがリラックス出来て、


ねんねが出来る体勢なのです。
おくるみで包むと、苦しそう!窮屈そう!と思わずに、
お腹の中の体勢を作ってあげよう!と思ってくださいね。



【・どうやって包むの】


菱形になるように、おくるみやバスタオルを広げます。
赤ちゃんを仰向けに寝せ、
両腕を体に沿うように、まっすぐにします。


すこしきついかな?と思う程度に、
包んであげます。


足は自由になるように、
ふんわり包んで上げて下さいね。


巻いただけで眠る赤ちゃんもいるのですが、
くるむだけで眠るなら苦労しないよ!と
いう赤ちゃんが殆どです。


おくるみに巻いた状態で、そのまま抱っこしましょう。
腕を動かして、緩んでしまったら、
包み直してくださいね。


足がバタバタして包めない!という赤ちゃんは、
腕だけでも真っすぐにして包んであげるだけでも
かなり違いますよ。


イメージ的には、巻き寿司のように、
包んであげると、足がバタバタしても、
大丈夫です。


おくるみより、フェイスタオルの方が、
緩みにくく、包んであげられますよ。


google Sponsored Link2


【・おひなまきって知ってますか?】


お腹に居たときのように、
背中が丸まり、
足がかえるのように曲げて、
大きな布で巻きます。


アメリカでは主流のようですが、
日本では、まだまだ知っている人は少ないです。


興味のあるかたは、
「おひなまき」で検索してみてください。
巻き方が載っていますよ。


【・さいごに】


おくるみがなくても、
・バスタオル
・小さめのタオルケット
・毛布
・膝掛け
などで代用しても大丈夫です。


アフガンとおくるみと同じなので、
赤ちゃん用品として持っている方は
是非つかってくださいね。


真夏の赤ちゃんはどうしたら?
薄手の、日本手ぬぐいや、フェイスタオルで、
足の部分が出るように、巻いてみてくださいね。
(腹巻きのようなかんじ?)


お家にあるものを活用して、
赤ちゃんを包んで、寝かしつけしてみてくださいね。

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link