赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんのあせも対策!顔にできたら?どうする?

Sponsored Link

慣れない育児に、不安でいっぱいなのに、次から次にいろいろなことが
起こるのが子育て。赤ちゃんに多い悩みが肌トラブル。

google Sponsored Link1


汗をかきやすい赤ちゃんは、あせもにもなりやすいものです。
背中やお腹なら、何となく分かるけど、顔に出来ると、
アトピーなんじゃないかと余計不安になったりしますよね。
そんな、悩みにお答えしますね。



あせもには、清潔と保湿が大事。


あせもは、汗をかかさないのが1番です。
そんなことは、誰でも分かりますよね。


では、どうしたらいいか?
汗をかいたら、洗い流す、濡れたガーゼなどで拭く。
拭くときはごしごし擦らずに、優しく拭いてください。



必要以上には汗をかかないように、室温調整も大切です。
室内では、エアコンをつけて、25℃ぐらいがおすすめ。
エアコンは朝までつけたままにして、扇風機を併用し、冷気を一か所に
たまらないようにして下さい。


冬場でも、寒いからと着せずぎは禁物です。
冬でもあせもになるんですよ。
大人より1枚少な目が目安。


顔に出来たあせもは、お風呂に入った時に、
ベビー石鹸をよく泡立てて、優しく洗ってあげて下さい。
汗をかいたら、シャワーで流すのはいいですが、
毎回石鹸で洗う必要はありません。



洗った後は、保湿も忘れずにして下さい。
夏でも、肌は乾燥しているものです。



顔にあせもができると、
赤ちゃんもつい掻きむしってしまうので、
とびひには注意が必要です。


とびひになると、どんどん広がって行きますので、
おかしいと思ったら病院を受診して下さい。

清潔にし、保湿が大事ですが、自己判断はせず、病院を受診して
お薬をもらうのも忘れずに。


google Sponsored Link2


あせもが出来やすかったり、ひどくなるのは要注意


我が家の子供達もあせもはよく出来ました。
3人育てて分かることですが、同じ環境で暮らしていても、あせもの出来やすい子、
出来てもすぐ直る子、ひどくなって繰り返す子、と様々です。


今思うと、あせもの出来やすい子は、肌が少し弱いようで、あせもから湿疹になり、
結局はアトピーと診断されました。
でも、心配しないで下さいね。
ちゃんと、処置すれば、ひどくならずに済みますから。


顔の保湿には、ワセリンを塗っていました。
おむつかぶれにも使えるので、1つ常備しておくと便利です。


さいごに


たかがあせも…されどあせも。
初めての子育てでは、あせもすら不安です。
でも、赤ちゃんの肌も少しず、強くなって行きますから、心配しなくても大丈夫。
しっかり様子を見て、適切な処置をしてあげて下さい。

かおりんより

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link