赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんのあせも対策!顔にできたら?

Sponsored Link

あせもは夏のトラブルだと思っていませんか?実は最近、夏でも冬で
も季節に関係なくあせもができる赤ちゃんがとても増えているのです。

google Sponsored Link1


そしてあせもになりやすい部位として多いのがおしりと顔です。
おしりに比べて蒸れないはずの顔に何故あせもが出来るのだろうと心配に
なりますよね。でもきちんと対策をすれば大丈夫です。
今回は赤ちゃんの顔にできるあせもの対策方法についてご紹介いたします。


清潔が第一


顔にあせもが出来ると見ていてなんだか可哀想。早く治してあげたくて
薬や保湿クリームを塗ったりと色々試みてしまいますよね。
しかしこれは逆効果。余計に悪化させてしまうのです。


あせもは、汗の出口が詰まってしまう事で赤く炎症をおこしている状態です。
そこに色々なものを塗ると更に出口がなくなってしまうのです。
水で濡らしたガーゼなどで顔を優しく拭き取ってあげましょう。
これは出来る限りこまめにやってあげると良いですね。


どうしても心配で薬を塗りたいという場合にはアルコールを
使用していないウェットティシュで拭き取ってあげてからにしてください。
また薬も刺激の強くないものを選びましょう。ステロイドが入っているものは
避けるのが無難です。


赤ちゃんの顔のあせも対策はとにかく清潔にしてあげる事が一番。
汗の他にもヨダレやミルクの飲みこぼしも原因になります。
あせもができる前から気付いたら清潔なガーゼで顔を拭く
習慣をつけましょう。


google Sponsored Link2


赤ちゃんの適温を心掛ける


顔にできるあせもの一番は汗によるものが多いです。
そこで汗をかきすぎない室温や服装にしておく事も大切です。
赤ちゃんは大人よりも多く汗をかきます。


夏場、大人がちょっと暑いかな?と思ったら赤ちゃんはとても暑いはず。
冬場に寒いからと暖房をいれておくと赤ちゃんは汗をかきはじめているはずです。


服装は大人よりも1枚少なくするくらいがちょうどいいでしょう。
大人の適温ではなく、赤ちゃんの適温に合わせてあげてください。


ここで気をつけたいのが汗をまったくかかない温度にしておく事。
汗をかくのは温度調整をする上で大切な事です。



赤ちゃんは生まれて3か月ほどで汗腺ができる
といわれています。汗のかきすぎはあせもに繋がりますが、
少し汗をかかせてあげて、きちんと拭いてあげるのが一番ですね。


最後に


いかがでしたか?今回は赤ちゃんの「顔」にできるあせもの対策をご紹介しました。
汗と細菌があせもに繋がります。まだ肌の弱い赤ちゃん。
特に顔の皮膚は薄くて他の部位よりも更に弱いです。
清潔に快適にしてあげましょう。まずはあせもが出来る前に対策を。
出来てしまったら更に清潔を意識してみてくださいね。

ちこうゆうより

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link