赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんが母乳でむせる!解決法は?

Sponsored Link

授乳している時というのは、
ママと赤ちゃんの、大切なスキンシップの時間です。


生まれてすぐに、誰に教わったわけでもないのに、
ゴクゴクと一生懸命に、母乳を飲む姿を見るのは、
子育てをする中で、とても幸せを感じる時間です。


しかし、幸せな時間が一変、
授乳中に突然「ゲホゲホッ!」と、
赤ちゃんが苦しい顔をして、むせることがあります。


真っ赤な顔をして、涙目になり、
ママとしては、一体どうしたのか?と、心配になりますよね。


今回は、赤ちゃんがむせる原因と、
その対処法について、お伝えしたいと思います。


google Sponsored Link1



【赤ちゃんが授乳中にむせるのは?】


・気管に入ってしまった
・上手に飲めていない
・母乳の出が良すぎる
・眠りかけている

このような原因からだと思われます。


<気管に入ってしまった>


赤ちゃんでなくても、飲み物を飲んでいて、むせてしまい、
思わず、咳き込んでしまうことは、よくあることです。
人間の反応として、正常なことなので、心配は無いようです。

<上手に飲めていない>


赤ちゃんの体は、未発達な部分が多く、
「飲む」という動作も、もちろん発達していません。


上手に飲めていないだけで、成長とともにむせることも
少なくなってくると思われます。

<母乳の出が良すぎる>


授乳しようと準備すると、赤ちゃんの口に入れる前に、
勢いよく母乳が飛ぶ、という人もいると思います。
この場合、

赤ちゃんの飲む量 < 母乳の出る量

となり、むせてしまいます。

<眠りかけている>


赤ちゃんが眠くて、ウトウトしている時に、
口いっぱいに母乳が入ると、もちろんむせてしまいます。
飲む準備をしていないので、当然のことです。


うたた寝しているところに、突然飲み物を入れられたら、
大人であっても、ビックリしてむせてしまうと思います。


赤ちゃんが眠ったな、と思ったら、
そっとおっぱいを、外してあげてください。



私の場合、普段は、母乳が飛ぶほど、
出が良いものでは、ありませんでした。
ですが、なぜか私が入浴した後、
授乳時に、子どもがむせることが多かったんです。


母乳は「白い血液」とも、呼ばれることから、
入浴で、血行が良くなり、
普段よりも、母乳の出の勢いが、良くなったせいなのかもしれません。




【むせないための対処法とは?】



「気管に入ってしまった」「眠りかけている」
「上手に飲めていない」といった場合は、
心配のない状態であったり、おっぱいを外すことで、解決できますが、
「母乳の出が良すぎる」といった場合、
一体、どうしたら良いのでしょうか?


<授乳する体勢を変えてみる>


母乳の出が良すぎる場合、
なるべく、おっぱいよりも、
赤ちゃんの頭が高くなるようにして、授乳することで、
口に入る母乳の勢いが、少し弱まるようです。


また、ママが猫背にならずに、
椅子の背もたれに、もたれかかって、
カンガルーケアのような体勢で、授乳することでも、
母乳の勢いを、軽減できるようです。


母乳の勢いが良すぎるため、
搾乳をしてから、授乳する方法もあるようですが、
後々、母乳の生産量が増えてしまい、解決に至りません。


勢いが治まるまで、少しの間タオルなどを当てる、
という方法のほうが、良いようです。



私の場合、母乳はそれほど、勢いはありませんでしたが、
とにかく、子どもが飲むのが下手でした。


「アヒル口」という、
見た目はなんとも、可愛らしいのですが、
どうやら、おっぱいを飲むのには適さないタイプ。


試行錯誤の上、調べに調べて、辿り着いたのが、
「縦抱き授乳」でした。


赤ちゃんを、対面でママの太ももに座らせ、
赤ちゃんの首を、手で支えて、
正面から授乳する方法です。


この縦抱き授乳法だと、むせないような授乳体勢にも
適しているのではないかな?と思います。
一度、試してみて下さいね。



google Sponsored Link2




【さいごに】



赤ちゃんって、お話しが出来ない分、
突然苦しんだり、泣いたりすると、
ママは、もう大慌て!


でも、むせて苦しくて、
その上、何が起こったのか、と焦ってしまうのは
赤ちゃんの方なんですよね。


どんなときも、焦らず、ゆったりとした気持ちで
赤ちゃんに接してあげて下さいね。


ママの気持ちが、赤ちゃんに伝わり、
きっと、安心すると思いますよ。


最後までお読みいただき、ありがとう御座います。

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link