赤ちゃん幼児子育て.com

胎教で音楽を聴かせるには、いつから?どうやったら良い?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

胎教をしたおかげか分かりませんが、
今でも、その時聞いていた音楽を流すと、よくリズムをとって踊っています。

そして、よく笑う子に育ちました。
いつも、ニコニコと笑顔を振りまいてます。



「胎教」って、ほんとに効果があるのかな??

胎教をすると、夜泣きの少ない赤ちゃんが、
産まれるとも,聞いたことがあります。

でも、胎教って,いったい何をするのかな?

そこで、今日は、胎教で音楽を聴かせるには、いつから?
どうやったら良い?について、ご紹介します。


Sponsored Link1

●胎教は、いつから始めたらいいのか?


胎教とは、赤ちゃんがお腹の中にいるころに、
少しでもいい環境を与えながら、
教育していくことを、「胎教」と言います。



胎教は、赤ちゃんとの、絆を深めるのと同時に、
赤ちゃんの脳細胞を、刺激する為、
ママだけでなく、赤ちゃんの情緒が、
安定する効果があります。



胎教をはじめるのに、適した時期は、
5ヶ月~7ヶ月頃が、良いです。


赤ちゃんの機能が発達する頃で、
音や声が、赤ちゃんに聞こえていると、言われています。


●音楽を聴かせるには、どうやったらいい?


胎教におススメの音楽は、ピアノ演奏や、
クラシック、オルゴールの音楽、
小川のせせらぎなどの、
ヒーリング効果がある曲がおススメです。


こういった音楽は、心が安定して、
気分を、リラックスする効果があります。


そして、胎教で一番大事なことは、
ママの気分が、よくなることです。


お腹の中の赤ちゃんが、健やかに成長する為には、
ママの精神状態が、深く関わってくるので、
いつもフワ~ッとした気分で、
音楽を聴いて下さいね。


自分の好きな音楽を聴くことも、効果アリですよ。




●わたしの胎教


妊娠7ヶ月から胎教をはじめました。


聞いていた音楽は、モーツァルトなどのクラッシック曲や、
小鳥のさえずり、水の流れる音などのCDです。


毎日30分~1時間ほど、CDをかけ流しながら、
目をつぶって、ゆったりとした気分で聞いていました。


たまに、そのまま寝てしまうことも…笑。

そのおかけで、妊娠中にイライラした時でも、
音楽を聴くと、自然とリラックスができました。


他にも、童謡もおススメです。
単調な音楽は、赤ちゃんにも分かりやすいみたいです。


自分の好きなノリノリの音楽も、
たまに聞くと、気分転換になりましたよ♪



Sponsored Link2

●さいごに…

胎教で大事なことは、ママがリラックスした気分になることです。

胎教にいいからといって、無理に聞いたり、
好きでもない音楽を、聴いたりすると、
逆にストレスになり、逆効果になってしまいます。

体調が悪かったり、気分が乗らない時は、
赤ちゃんの為にも、ゆっくり休んであげてくださいね。

穏やかな気持ちでいることは、あかちゃんも、
穏やかな気持ちで、育ってくれます♪

ゆきどんより

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP