赤ちゃん幼児子育て.com

母乳育児の危機!?母乳が出ない原因とは?

Sponsored Link

赤ちゃんを出産すると、必ずといっていいほど、
母乳育児を勧められます。

google Sponsored Link1



母乳、とくに初乳といって、産後すぐに出る母乳には、
赤ちゃんの体を守るたくさんの免疫物質が
含まれているといいます。



赤ちゃんと直接肌を触れて、
母乳をあげることのスキンシップの効果はもちろん、
母乳は消化にも良く、
赤ちゃんが便秘になりにくいと言われています。



さらに、母乳を出すことで子宮の回復を早めたり、
産後のダイエットにも効果があります。



そして、何といってもお財布に優しい! 



母乳育児は、赤ちゃんだけでなく、
ママたちにもメリットがたくさんあるのです。



しかし、そんな良いことづくめの母乳育児ですが、
実際には母乳育児の難しさを感じるお母さんたちも多いのです。


母乳育児の難しさとは?



私自身は、息子が二人いますが、
長男はほぼ母乳のみで育ちました。



特にトラブルもなかったので、
「自分は母乳が出やすい体質だ」
と、勝手に解釈をしていました。



ですが、未熟児で生まれた次男は、
3か月NICUに入院していたため、
毎日3時間おきに搾乳していたにも関わらず、
一日に必要な量の半分も出なかったのです。



そうこうするうちに、母乳はどんどん出なくなっていきました。



やはり母乳がたくさん出るためには、
赤ちゃんに吸ってもらうのが一番。
そしてそれは、初めが肝心なのです。



母乳は赤ちゃんが飲む分だけ作られます。




つまり、赤ちゃんが飲んでくれないと、
必要ないと体が判断して、作られる量が減ります。



うちの場合は、最初から直接吸わせられない状況でしたので、
出ないのは無理もないことでした。



うちのようなケースに限らず、3か月を過ぎて、
赤ちゃんのおっぱいの間隔が空いてくると、



「母乳の出が悪くなったような気がする……。」
「ミルクが足りてないのかしら?」 
と、悩むお母さんが増えてくるのです。



基本的には、母乳の出る量を増やしたいなら、
赤ちゃんにたくさん吸ってもらうしかありません。



でも、それはもう十分やっている場合、
他にどんなことに気をつけたらよいのでしょうか?



母乳の出をよくするために、気を付けたいこと



1.赤ちゃんに授乳した後に、飲み残しを搾乳機で搾る。




これは助産師さんに勧められました。
搾乳機に関しては、手動と自動のもの、二種類あります。



搾乳をすると、胸のここのところは柔らかくて、
母乳がきちんと取れているけど、
ここの部分がまだ固い……。
と、いうことに気づくと思います。



ですから、ただ搾乳するだけでなく、
乳腺マッサージを行いながらする必要があります。


自動搾乳機は、レンタルすることもできます。



私は、メデラから出ている「スイング」
という自動搾乳機が、2万円ほどで購入でき、
パフォーマンスが良いと聞き、そちらを購入しました。



手動の方が安価で、
自動はたとえレンタルにするとしても、それなりに高くつきます。



ですが、乳腺マッサージをしながら搾乳するとなると、
手動ではなかなか難しいでしょう。


google Sponsored Link2


2.水分をたくさんとり、和食中心の食事を心がける。



母乳は80%以上水分でできていると言われています。
母乳のみで育てているお母さんは、
1.5Lを目安に水分をとりましょう。



水分といっても、冷たいものをたくさんとりすぎるのは、
お勧めできません。



体の冷えは、乳腺がつまったり、
母乳の出が悪くなる原因になります。



母乳に良いといわれているハーブティや、
たんぽぽ茶、ルイボスティーなどがお勧めです。



私は、ドイツ・マリエン薬局から出ている、
授乳・乳腺炎対策ブレンドを飲んでいました。



食事はとにかく和食中心。
特に根菜類は体を温めてくれるので、
積極的にとりましょう。



油もの、甘いものは乳腺炎を引き起こすので、
なるべく避けます。

 

休息をとる



母乳を出すというのは、想像以上に、
母体に負担のかかることです。



疲れていれば、やはり母乳も出にくくなります。
赤ちゃんがいると、なかなかゆっくりと休めませんが、
母乳のためにも意識して体を休めましょう。



上記のようなことをやり、
一日の必要量の半分以下しか出なかった母乳が、
次男が退院してからは、半分以上まで出るようになりました。


おわりに




たしかに母乳育児は、
赤ちゃんにとって最良の方法です。



しかし、母乳でなければ……という思いに囚われすぎて、
無理を重ねてしまっては、元も子もありません。



母乳育児も大切ですが、
たとえ人工栄養だとしても、赤ちゃんはきちんと育ちます。



母乳かミルクかということよりも、
赤ちゃんにとってはお母さんが笑顔でいてくれることが一番なのです。



お互いにとって無理のない母乳育児を続けていきましょう。


momoより

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link