赤ちゃん幼児子育て.com

耳鼻科での赤ちゃんの耳掃除!料金は?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

生まれたての赤ちゃんは、
身体の中から綺麗な存在。




耳の穴も、きっと綺麗だし、
耳掃除はそんなにしなくても大丈夫
と思っていませんか?


または、耳の穴の入口を綿棒で軽く拭くだけで良いと、
看護師の指導があった方も多いハズですよね。


でも、奥に溜まった耳あかはどうしたら良いのでしょうか。
無理に取ろうとするのも恐いですよね。


ここの記事では、赤ちゃんの耳鼻科に行く時期や間隔、
費用についてお話します。


Sponsored Link1

【何ヶ月から行けばいいの?】



特に耳が臭いわけでもないし、
赤ちゃんが耳を触っているわけでもない。


鼻水などの風邪症状も無いのに、
「耳掃除だけのために受診なんて・・・」
と、勇気が出ない方もいますよね。


私もそのうちの1人でした。


そんな事で悩むのは不要ですよ!
耳垢の除去を目的とした耳掃除は、
医療行為として、保険が適用されます。


無理に取ろうとして、傷になって外耳炎などに
なってしまうと可哀想ですから、
堂々と耳鼻科に受診しましょう!


では、何ヶ月頃行けば良いと思いますか?
早い方ですと、生後2ヵ月頃から行く方も居ます。


平均的に多いのは、生後5ヵ月頃です。


耳の奥で固まってしまうと、
横になって頭を抑え、耳の穴に液を入れてうるかします。


時間を置いてから、耳垢除去しなくてはならないので、
初めてのオススメは『寝返りを完璧にマスターする前』です。


これなら、横になって嫌がって泣いて暴れるのも
何とかなりますよ♪


初めての耳鼻科での耳掃除は、
意外と大きな耳垢が取れるので、
きっとビックリしますよ!





【どのくらいの間隔で受診するものなの?】



耳鼻科で言われたのは、
「3ヶ月毎に来てください」
という事でした。


もちろん、その前に鼻水や中耳炎など、
受診したらその時に見てもらえます。


最後に耳鼻科に受診してから数えて3ヶ月と
思っていただいて大丈夫ですよ。



【受診の費用は?】



上で述べたとおり、保険の適用が受けられます。


乳幼児の受給者証があればその割合になりますから、
基本自己負担は0円!
と思っていただいて構いません。


しかし、耳掃除をする為の軟膏を処方してもらう場合は、
調剤薬局により、軟膏を入れる容器代が発生します。


だいたい10円~30円程度見て頂くと良いかもしれませんよ。


Sponsored Link2

【さいごに】



いかがでしたか?


上の子の時には
なかなか耳鼻科に行くタイミングがなく、
行った時には耳をうるかす時に
泣いて大暴れしました。


その時に、
「あぁ、生後5ヵ月くらいで受診しておけば良かった」
と後悔したものです。


普段のケアは、入浴後に耳穴の入口を軽く取り、
自然に出てくるのを待つスタンスで大丈夫ですから、
不安にならずに、是非耳鼻科に定期的に
受診してくださいね。





人より

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP