赤ちゃん幼児子育て.com

耳鼻科で子供の耳掃除をしたら料金はどれぐらい?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

お子さんの小さいお耳を耳掃除すると…。
痛がったり、動いたりして、
とってもハラハラしながらになりますよね。
出来れば、プロである耳鼻科医に耳掃除を
お願いしたい!と思いますよね。

今回は、耳掃除を耳鼻科ですると子供は料金はいくらか?
についてご紹介します。


Sponsored Link1

【耳掃除は耳鼻科で行うが◎】


結論からお答えすると、お子さんが耳鼻科で、
耳掃除をしてもらうと「無料」の場合が多いです。
(お住まいの自治体によっても異なります)


我が家には6歳と3歳になる子供がいます。
初めて、耳鼻科で耳掃除してもらったのは、
上の子が1歳の時です。


鼻水が止まらず、小児科で風邪薬を飲んでも治らず、
耳鼻科を受診した時に、初めて耳掃除をしてもらいました。


上の子の耳の中からは血の塊のような大きな耳くそが。
聞くと、ママのお腹にいる時の耳垢だとのことです。
そして、その他にもたくさんの耳くそがゴロゴロ。
ぞっとするほどの量でした。


その後半年に1回ほど、耳鼻科で耳掃除をしてもらっています。
下の子は…耳くそが溜まらない耳のようで…
耳を見てもらいましたが、耳くそが殆どないよ!とのことでした。
確かに、耳の中を見ても、上の子とは違います。
いつもキレイな感じで…体質にもよるんでしょうね。


耳鼻科医に聞くと、
「綿棒などで耳掃除をすると、耳くそが奥に押し込まれてしまったり、
耳が傷つくので、耳鼻科で掃除したほうがいいよ」とのことでした。


料金は、自治体が乳幼児は医療費無料なので、無料でした。


【どのくらいの頻度でみんな掃除しにいっているの?】


3か月に1度というおうちもあれば、
未だに一度も耳鼻科で掃除してもらったことがない!という
人もいます。

耳くそがたくさん溜まる子なら3か月でもたっぷり溜まるようです。
耳鼻科でどのくらいの頻度で来たら良いのか?を
相談してみてくださいね。


赤ちゃんでもしてもらえるようなので、
機会があったらしてもらうと良いですよ。


自宅では、耳掃除というより、お風呂上りに、
耳の穴の掃除ではなく、耳を拭いてあげるとよいと思います。
耳って複雑な形をしていますよね。
汚れが思わぬところに溜まっています、拭いて綺麗にして
あげてくださいね。




Sponsored Link2

【さいごに】

なぜ、家で耳掃除はダメなのに、耳鼻科掃除はOKなの?
と思う人もいるかと思いますが、


家での耳掃除って、綿棒や耳かきですよね。
耳鼻科では、特殊な耳くそを挟んで引き出す、
小さいピンセットが先についたような、
専用器具で、耳くそを取り除いてくれます。
安心ですよ。


時間は1~2分ほどであっという間に終わります。
中には、小児科で風邪で受診したときに中耳炎かどうかを
見るときに、掃除してくれる場合もあるようです。


お子さんの耳に負担を掛けない為にも、
耳鼻科で耳掃除をしてもらってくださいね。



Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP