赤ちゃん幼児子育て.com

子供に耳掃除したら血が…。どうしたら?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

お子さんの耳掃除。
耳鼻科に連れて行くほどでもないと
ホームケアをされている方も多いと思います。




でも、お子さんの耳穴は小さく、
奥まで見えにくいですよね。


気になって夢中になるうちに、
ついつい奥の方まで。


そんなときにお子さんが急に動いて
ヒヤッとした経験をお持ちの方も多いでしょう。



何事もなければ良いのですが、
もしも出血してしまったら。
きっと慌ててしまいますよね。


そんなときどうしたらよいのか。
我が家の経験を含め、
まとめてみようと思います。




Sponsored Link1

・耳掃除で出血してしまうとき




先ほど書いたように、
お子さんが突然動いてことで、
思わぬところをつついてしまった。


元々大した力は入れていなかったのに、
予測していなかった動きに
こちらもビックリして力が入ってしまった。
こうして出血してしまうことがあると思います。


この場合、お子さんの感じる痛みも
出血もはっきりわかるほどになると思われます。


それをきっかけに、
お子さんが耳掃除を嫌がることもあるでしょう。



そうかと思えば、
綿棒で軽く拭っただけでも
薄っすら血がついていることがあります。


お子さんの外耳は特に皮ふが弱いらしく、
ちょっとした摩擦でも
傷付いてしまうことがあるからだそうです。






・出血した時の対処法~我が家のケース~




では、我が家で実際に起こったケースを
紹介してみようと思います。



我が子たちはみな耳掃除が苦手です。
赤ちゃんの頃は大丈夫だったのですが、
私が夢中になりすぎたあまり、
思わずガリッといってしまったことがきっかけです。


特に二男は耳鼻科でも抵抗するので、
先生でもお手上げ、
処置不能なレベルです。


そうなると家で何とかしようとするのですが、
激しく抵抗する中、多量の耳垢を相手にするので
傷をつけてしまう可能性と背中合わせ状態です。



そんな折、張り付いた耳垢を擦り取った際、
耳かきの先に血がにじんでいたことがありました。


耳の中なので出血点は確認できず。
そもそも耳かきに抵抗して泣いているので、
痛みの程度も不明。


でも、溢れ出てくるほどではなかったので、
少量だろうと判断し、
家にあった消毒液を綿棒で塗っておきました。


幸い、そのあと熱を出したり
耳の聞こえが悪そうという事もなかったので、
受診はせずに終わりました。





Sponsored Link2

・さいごに




いかがでしたでしょうか。


この時の二男はある程度会話もできましたので、
本人の訴えに従って判断しましたが、
赤ちゃんや数単語話す程度のお子さんの場合、
念の為受診しておくと安心できるかと思います。


以前罹ったお医者さんは、
耳かきはそんなに頻繁に行わなくても大丈夫
とお話しされていました。


ついつい癖になってしまう耳かきですが、
やり過ぎは禁物という事のようですね。



4児のママより

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP