赤ちゃん幼児子育て.com

男の子、女の子、つわりが性別で違うって本当?

Sponsored Link

妊娠して、赤ちゃんが産まれるんだ!
と期待に胸を膨らませるのも束の間、
出産までにはほとんどのお母さんがつわりを経験します。

google Sponsored Link1


嘔吐、頭痛、眠気・・・とにかくあらゆる不快感。
出産するためには乗り越えなければいけない壁です。


つわりで性別は関係あるのでしょうか?
女の子と男の子を生んだ私ですが、
まったく違うつわりだったので、色々と書いてみたいと思います。


【女の子の場合のつわり】

上の子供は女の子。
妊娠7週目あたりでつわりがやってきました。


仕事をしていたのですが、
布団から出られず、何を口にしても吐く状況だったので、
2週間ほど会社を休みました。
ほぼ、トイレと布団の往復で終わってしまいました。


食事に関しては
食べられたものは炭水化物、そしてなぜか脂っこいもの。


しかし、ピークの時は、ほとんど何も食べられず、
スポーツドリンクだけは飲んでいましたが、
病院で点滴を打ってもらうまで弱ってしまっていました。


一番敏感になったのは、匂いでした。
お風呂場の匂いとシャンプーやボディソープの匂いを受付けなくなり、
お風呂に入るときは鼻に洗濯バサミをつけたことも・・・


落ち着いたのは17~18週目あたり。
嘘のようにつわりがなくなり、
快適な妊婦生活を送ることができました。


【男の子の場合のつわり】

下の子供は男の子。
こちらは妊娠6週目あたりでつわりがやってきました。


吐くことと会社を休むことはなかったものの、
とにかく1日フラフラしている状況でした。


食事に関しては、
空腹を感じると気持ち悪くなる食べづわりだったので、
とにかく何か口にしていました。


食べづわりなのに、お米を受け付けなくなった時期があり、
ベーコンエピ(フランスパンにベーコンが入っているパン)と、
きゅうり、そしてトマトだけしか食べられない日がありました。


一番大変だったのは、常に眠いことでした。
上の子と一緒に寝ることは毎晩で、
仕事中も眠気が襲って来るため、ものすごく大変でした。


いつ落ち着くのかなぁと指折り数えていたものの、
ピークを過ぎても収まる気配はなく、
不快感は出産時までありました。


google Sponsored Link2


【違いをまとめてみました】

あくまで私個人の意見ですが・・・

女の子の時は
・食べると吐く
・布団から出られないほど弱る
・だけどスッキリ終わる


男の子の時は
・食べづわり
・常に眠い
・出産までスッキリしない


とまったく逆のつわりでした。


ピーク時が辛かったのは女の子ですが、
ダラダラ続く時点では男の子のほうがしんどかったです。


余談ですが・・・
出産は男の子のほうが楽でした。
2人目というのもあるのでしょうが、
つわりが長かった分、するっと産まれたのかなぁと思ってしまいました。


【最後に】

出産もつわりもみんな人によって違うので、
ほんの参考程度になれば幸いです。


これから始まる育児に比べれば、
ほんの一瞬の出来事ですが、
つわり中はもう永遠に続くんじゃないかと思ってしまいますよね。


乗り越えればかわいい赤ちゃんが待っているので
頑張って乗り越えてくださいね!


inekoより

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link