赤ちゃん幼児子育て.com

産休何しよう?出産準備よりも大事かも知れない事

Sponsored Link

出産を控えて産休に入った方で、
空いた時間に何をしたら良いのかわからなくて悩む人が多いです。


出産準備情報というのは、今の時代、ネットである程度手に入るけれども、
それ以外の時間をどう使って良いのか、悩む人もいる様です。


多くの人は、友人と遊んだり、今しかできない事を、と旅行に行ったり、
映画、カラオケなど、思い思いに遊ぶ人もいます。


確かにそれは、今しかできないと言えばできないかも知れません。
でも、本当は子供や家族の為、誰かの為に何かできないか、と探す人も
一定数います。


もし、限りある今の時間を、
もっと有効に使いたい、その様に考える様でしたら、
この記事を読めば、何をしたら良いのか明確になるかも知れません。


ざっくりこの記事で伝えたい事を言うと、

・子供と家族への想いをネットに残そう
・悩んだ軌跡をブログに書き、未来の子供達、次の世代に残そう
・そうした活動が後々お金を生みます。
子育てしながら在宅で家計を助けられます。

・気持ちを文字にする事で、
何が一番大事にしたいのかが明確になり、生きることが楽しくなります。


google Sponsored Link1

気持ちが凝縮された不思議な時間

赤ちゃんが生まれる時って、本当に不思議で神秘的な時間の流れ方をします。
僕は男ですが妻を見ていて深くそう感じました。


・生まれてくる赤ちゃんへの思い
・これから家族が増えて、一緒に頑張っていくパートナーとの思い


不安もありますが期待感に満ちた、
その雰囲気は本当に独特です。
これは、まるで縮こまったバネがはじけて大きく飛躍する様に、
力を溜めて溜めて、今、まさに一歩を踏み出す様な瞬間です。


そうしたエネルギーというのは、感覚的には分かるものの、
時が経つと忘れてしまう事が多いです。
人生一度きり。出産は何度もできるものではありません。


だったら、その時間を、
より有意義に、今しかできない事をしておきたいですよね。


僕は本サイトの運営を通じて多くのママさんとの関わりを持ちますが、
そんな彼女たちにいつも伝えているのが、


今のその気持ちを記録に残そう、という事です。

誰の為に生きるのか

僕自身も出産を通して驚いた事があります。
生まれてくる子供はどんな顔をしてるだろうか。
どんな声だろう。最初は何を思うかな。
どんな人に成長するのだろうか。


僕は自分の親を見て育ちましたが、
そんな深い事を考えていたなんて全く想像できませんでした。
そんなに喜ばれて自分は生まれてきたのか!?



だったら!
その気持ちを、文字に起こしましょう。
生まれてくる子供のために。

君はとても愛されている。
君が居るだけで本当にたくさんの人が笑顔になれる。
幸せを運んでいる。


君が生きている事、そのものが、
僕たち親にとっては、幸せだし、
それが僕たち親の生きる意味なんだと。


そして、いつかその子に見せる時が来たら、見せてあげましょう。
この僕たちの言葉の意味をすぐには理解できないかも知れない。
大人になるまでわからないかも知れない。


でも、そうやって表現するなら、
いつかきっと伝わるはず。


僕が文字を起こす事を進める理由

文字にするとは、潜在意識を表面化する作業です。

人に相談するうちに、こんな事を自分は考えているんだ、と新たな自分を発見したり、
頭が整理されてやるべき事が明確になったりします。


「私は自分が本当にやりたい事をさえも分からない。」

それは普通のことです。
だからこそ、僕たちは多くの人と関わりを持ち、
相手にアドバイスしながら、その出来事で自分も励まされるんです。


もちろん、人に何でも言えない事もあるでしょう。
面と向かって相談やアドバイスができない事もあります。
だからこそ、文字に起こすんですね。


自分は今、成長できているのか?
それとも天狗なのか?ダークサイドなのか?



書いた直後に分かることもあるし、
分からないこともあるでしょう。
でも今はわからなくも大丈夫です。


文字に起こして、後は未来の自分に任せましょう。
未来の自分は、今の自分の考え方がどうなっているのか、
客観的に判断してくれます。


だから、未来の自分を信じて、まずは書いてみると良いでしょう。

子育てママの90%が在宅で仕事をしたい?

本サイトは多くのママさんに助けられて運営しています。
みなさん子育てしながら記事の執筆を続けています。


自分の想いを言葉に。
自分の子育て体験、恋愛体験を伝える。


そうした自分の生々しい体験を知りたい人は多いです。
自分はそんなに大した事じゃないと思う事ほど、
意外と別の人の深い悩みだったりするものです。


だったら、そうした知識と経験をネット、ブログに残して、
未来の困ったと悩む人にも伝えられたら良いじゃないですか。


未来の、次世代の為に。


もちろん、ただやりたい、と思っただけでは続けるのは難しいです。
日記の様に書けば良いので、難しくは無いはずですが、
それでも毎日書こう!と思えば、簡単なことではありません。


やったことに対する報酬が欲しくなるのは、
人として当たり前の事です。


初めての仕事は、
慣れない事が多く失敗も多いです。
失敗して、悩み、考えて、スキルを身につけて、仕事ができる様になってお金を頂く。
(時給制の場合は、その可能性に対してお金が支払われますが)



今後、長い時間は働けないけど、
でも何とか人の役に立ち、お金をいただける様、
在宅で仕事をしたいと思うかも知れません。


だったら、今の時期からそうしたライティングスキルを磨いておく、
というのは、先に繋がる有意義な時間になるのではないかな?と僕は思います。


それは、
ライターとして、働く事もできます。
内職の何倍も稼ぐ事が出来るし、
自分でブログを作って情報発信すれば、
家に居ながらでもサラリーマンよりも稼ぐ事も可能です。
(そうした人を沢山知っています)


一度きりの人生、どう生きるか?

一度きりの人生!と考えると、波乱万丈とまではいかなくても、
やはりアグレッシブさは欲しいですよね。


これは、海外旅行とか、美味しいものを食べる生活とか、
そういった表面的な出来事、やったことを言っているのではありません。


たとえ誰もが経験する日常的な出来事であっても、
そこから何を感じ、学ぶか?なのです。


google Sponsored Link2


海外旅行に行って、あー楽しかった!と、自慢話をしたいのか、


それとも、子供と自分との対話を通して、苦悩し、でも必死に必死に生きる姿、
そこで学んだ教訓を次世代に伝える。


地味な毎日ほど、学びが多いです。
天才と呼ばれる人ほどこうした地道な基礎を怠らないことからも分かる様に、



何をして生きるか?よりも、
どう感じて生きるか?ですよね。


そうした精神性を高めることが、
例えば子供との関わりを文字に起こして行くことで、
学び、成長していけるんです。


今回、僕は文字に起こす、というテーマで話しましたが、
別に文字である必要はないと思っています、


やる事は何だって良いと思います。
それこそ海外旅行だって良いと思ってます。
重要なのは海外旅行をするかどうか、ではなく、
海外旅行で何を学び、それを日々の生活にどう活かすか?です。


いずれにせよ、
一度きりの人生、どうせやるなら、
トコトン前向きに進みたいですね。


 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link