赤ちゃん幼児子育て.com

産み分けの方法!食べ物はある?

Sponsored Link

妊娠が分かり、次に気になるのが、
赤ちゃんの性別ですよね。

google Sponsored Link1



無事に産まれてきてくれるなら男女どちらでも、
という方が多いですが、様々な理由から、
どちらかを強く望んでいるケースもよく見られます。



産み分けの方法には諸説ありますが、
ここでは、食べ物でも産み分けできるかどうかを
ご紹介します。




[食べ物で産み分け?]



食べ物に気をつけることで、本当に
産み分けが可能なのでしょうか?



残念ながら、厳密には食べ物だけで産み分けるというのは、
かなり難しそうです。



ただ、食べ物によって、産み分けが出来るような
体内の環境を作ることは、出来るようです。





[具体的には、何を食べるとよい?]



例えば、女の子を授かりたい場合。
男性は、アルカリ性の食べ物を、
女性は、酸性の食べ物を食べるとよいそうです。




具体的に、男性は、ごぼうやピーマン、
きゅうり、海藻など。
女性は、肉魚卵を中心に、トマトや柑橘類など。




これは、女の子が生まれることになるX精子が、
酸性に強いという性質から考えられた方法です。



また、コーヒーを飲むと、精子の運動が活発になって
男の子を授かりやすいと言われています。



しかし、特定の物ばかり食べると栄養バランスが
崩れてしまいますよね。



また、夫婦間で別々の食事を用意して食べることは
手がかかり、現実的ではないような気がします。



よって、食べ物だけで産み分ける、というのは
うまくいかない場合も多いと考えます。



google Sponsored Link2



[私は・・・]



私は、子どもが2人います。
上は男の子、下は女の子。



一人目が男の子だったので、漠然と、
次は女の子がいいな~と思っていました。



以前、どこかで、女の子を授かるには酸っぱいものを
食べるといいよ!と聞いたことがあったので、
妊娠を望んでいた期間は進んで柑橘類を食べていました。



結果的に、下は女の子でしたが、
柑橘類は毎日食べていた訳ではないし、
その他の食べ物は、普段通り。



真偽は、よく分からないままになってしまいました・・・。




[さいごに]



いかがでしたか?



食べ物による産み分けの方法は、ここでご紹介したものの他にも
様々な説があります。



実践することにより、本当に産み分けができた!という方も、
中にはいらっしゃいます。



しかし、元々子どもというのは、神様からの授かりもの。
結果、自分たちの望みとは違っても、
子どもの誕生は何物にも代え難いですよね。



出来るだけのことをするのはもちろん大切ですが、
性別にこだわりすぎす、気長に考えましょうね。



dora80より

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link