赤ちゃん幼児子育て.com

生後9カ月の夜泣き対策!どうしたら?

Sponsored Link

生後9カ月の夜泣き対策、どうしたら良いの!?と
思っているママさんいるのではないかと思います。

google Sponsored Link1



月齢に関係なく、夜泣きはありますが、
今回は生後9か月の夜泣き対策について
お話しようと思います。



【まず、夜泣きの原因は?】



夜泣きは、早いと生後3ヶ月頃から始まって、
1歳半くらいには、だいたい落ち着いてきます。


長い子で、2歳まで続いたというお子さんもいます。


8ヶ月くらいには、
多くの赤ちゃんが夜泣きをすると
言われていますが、
夜泣きを全くしなかったという
お子さんもいます。


かなり個人差があり、夜泣きのメカニズム自体、
あまり分かっていないようです。


赤ちゃんの眠りは、大人と違って、
浅い眠り(レム睡眠)が多く、
サイクルも短いです。


大人の場合は、レム睡眠時、
寝言を言ったり、
寝がえりをしたりします。


赤ちゃんも、同じ様に寝がえりをしますが、
喋れないので、寝言の替わりに泣き声を発する
のでは?とも言われています。


だから、泣いたから、すぐ夜泣きではなく、
少し様子を見てから、対応するのが
良いかもしれません。


泣いたから、すぐに抱っこではなく、
まずは背中や胸をトントン、
それでも更に泣くようなら
抱っこする。


日中、外の空気に触れさせ、
日光浴がてらお散歩し少し疲れさせると、
夜、ぐっすり眠ってくれる、
という話も良く聞くと思います。


でも、適度に疲れさせようとしたのに、
刺激を与え過ぎて、かえって
夜泣きの原因になる場合もありますから、
気を付けたいですよね。


google Sponsored Link2



【我が家も、今まさに夜泣き真っ最中です】



平成26年生まれの9ヶ月の娘がいて、
今、まさに夜泣き奮闘中です。


上に3人の姉兄がいる末っ子で、
私自身、育児に慣れている方だと思いますが、
夜泣きは慣れません。


すぐ上の3番目がほとんど夜泣きのない、
ぐっすり眠ってくれる子だったので、
なおさら辛いと
感じてしまうようです。


1晩に2、3回泣きます。


様子を見て、背中トントンで眠りそうなら、
トントンしていますが、
だいたいは、おっぱいを飲んで、
安心して眠ります。


添い寝をしていますが、
不安に感じてしまうのではないのかな?
と思っています。



【夜泣き辛いですよね】



正直、娘の夜泣きに、
私も泣きたくなる事あります。


別室で休んでいる主人を、
叩き起したくなる事も多々あります。


でも、考え方と、
日中にする事を少し変えてみたら
辛い気持が軽減されました。


少し前は、日中、娘が昼寝している間、
いつも出来ない事や夕食の準備を
早めに終わらせようとか、
色々やりたい事をしていました。


しかし、それを止めて、娘が昼寝している間、
私も昼寝する事にしたんです。


夜も、添い寝して、そのまま眠ってしまったら、
家事が残っていても、
諦めて、睡眠を大切にしました。


良い意味で、家事を適当にしました。


そのおかげで、眠いですが、
イライラは減りました。


背中をトントンして眠ってくれない時は、
取りだめしておいたドラマや
お気に入りの番組を見たりするのはどうでしょうか。


週末なら、ご主人に頼んで、
夜のドライブや散歩に出るのも良いですよ。


夜中に起きた事を、マイナスに思わず、
プラスに変換して、
いつもと違う時間を楽しんでみて下さい。


考え方1つで、
夜泣きが辛くなくなりますよ。




「ちょろたんより」



 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link