赤ちゃん幼児子育て.com

熱性痙攣で救急車は呼ぶ?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

私の子どもは、熱性痙攣を三回起こした事があります。
そのうちの二回は、救急車を呼びました。



初めての時は、熱性痙攣の知識はあったものの、
子どものあまりの変わりように
「死んでしまうのではないか」と焦り、救急車を呼びました。


二回目の時は、痙攣を起こしながら倒れて、タンスに頭を
ぶつけたため、頭の異常なのか判断できずに呼びました。


三回目はさすがに呼びませんでしたが、
ぜひ覚えておいて欲しいのは、救急車を呼びたくなるくらい
子どもが異常に見えてしまうという事です。


では、今回は熱性痙攣で救急車を呼ぶかどうかの
判断方法についてです。




Sponsored Link1

【こんな時は救急車を呼びましょう】




痙攣をおこすと、慌てて救急車を呼びたくなります。
けれども、熱性痙攣は数分でおさまることがほとんどなので、
救急車が着く頃には、子どもが落ち着いている事も多いです。



高熱時の痙攣は、まず様子を観察して、
5分から10分待ってみてください。


この後も、痙攣がとまらない場合は、
救急車を呼ぶか、受診しましょう。



熱性痙攣の場合は、心配いりませんが、
髄膜炎や脳の病気の場合もありますので、注意が必要です。



初めての痙攣時は、救急車を呼ぶのもやむを得ないと
考えられています。


ただ、熱性痙攣を繰り返す子どももいるので、
一度痙攣を起こしたら、親もしっかり知識を身につけ、
不要に救急車を呼ぶ事がないようにしましょう。









【救急車を呼んだ、私の体験談】



子どもが初めての痙攣を起こしたとき、迷わず救急車を呼びました。
白目を剥いて、泡を吹き、体を震わせる
小さな我が子を目の当たりにして、びっくりしたのです。


救急隊の方は、私を落ち着かせるように会話してくださり、
子どもの状態も落ち着いてきてはいましたが、
しっかりと診察してくれました。


熱性痙攣は繰り返す事がある、ということや、対処法を説明され、
元気になった子どもと帰宅しました。


「救急車を呼んではダメ」とは、もちろん言われませんでした。
知り合いの救急隊の方にも、
「初めての痙攣では、呼ぶのはよくあること」と言われ、
ほっとしたのを覚えています。





Sponsored Link2

【さいごに】



今回は、熱性痙攣で救急車を呼ぶ時について、ご紹介しました。


子どもの異変を目の当たりにするのは、辛いですが、
対処法をわかっていれば、少しは落ち着いて対応できるはずです。


救急車を呼ぶかどうかは、親の判断にかかっていますが、
不安や迷いがある場合は、小児救急電話相談や医療機関へ
連絡して、指示を仰いでみるといいでしょう。


熱性痙攣を起こした事のある子どものママさんなどに、
実際の話を聞いたりして、シュミレーションしておくのも
いいかもしれませんね。




omomkより

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP