赤ちゃん幼児子育て.com

熱性痙攣の対処!救急車は?

Sponsored Link

子供が風邪や、感染症にかかって発熱した時などに、
熱性痙攣を発症したら、どうしよう!

google Sponsored Link1



その時はどう対処したら?
救急車を呼んでもいいのかしら?
と思われたことがあると思います。


この記事では、自分の子供が熱性痙攣を発症した時に、
どのように対処したらよいのか?
救急車を呼ぶべきか、そう決めたら、いつ救急車を
呼んだらよいのか?


以上のことを、
現在、ベビーシッター(病児保育にも従事)をしております経験や、
実体験をもとに、お話しさせていただきます。




【熱性痙攣を発症しているのかな?と感じたら!】




熱性痙攣は発熱時に多く、短時間で熱が上がってきた時に、
発症しやすいようです。
稀に発熱時でない場合もあります。



熱性痙攣を起こし始めたら、舌を噛まないように、
口の中にスプーンを入れる。



などという対処法もあったようですが、
現在は、その対処法はNGに近いようです。


子供の手、足、唇などが痙攣し始めたら、
まず、お母さんはぐっと落ち着いてください!



次に時計をみて、痙攣している時間をカウントしてください。
この時点で、救急車を呼んだほうがよいとおもいます。


救急車を待つあいだ、
カウントを続けることを忘れないでくださいね。



またその時に、身体のどの部分が痙攣しているのか、
ということも把握しておいてください。
痙攣がおさまったた時点で、検温しておくことも忘れないでください。


痙攣時間や、痙攣箇所、検温結果は正確に把握しておいて、
救急隊員の方や医師に、正確につたえましょう。



痙攣時間は、救急隊員や医師から必ず聞かれます!
出来れば、メモに書いておくとよいでしょう。




google Sponsored Link2



【子供が楽な状態で救急車を待ちましょう!】





痙攣している時には、
場合によっては、口から泡をふいたり、呼吸困難を起こして、
チアノーゼがみられ、意識を失う。
などの症状がともなうことも珍しくありません。


私のシッティング中にも、お子さんが熱性痙攣を発症し、
口から泡をふき、呼吸困難を起こしているようで、
顔や身体が、チアノーゼになっていました。
意識も、約5分間位ありませんでした。



楽な姿勢をとらせるため、身体を横向きにして、
背中を軽くさすっていましたら、顔色が通常の状態にもどり、
目を覚ましました。



大量に汗をかいて、脱水してたのでマグでお水を飲ませました。
痙攣時は多量の汗をかき、脱水状態になりやすいので、
水分補給を心がけましょう。




【まとめ】





いかがでしたでしょうか?
今回は、熱性痙攣の対処や、その時救急車をどうするか?
について、私の体験談を交えて、お伝えしました。



子供が熱性痙攣を発症した時の注意点は、



1.まず、お母さんが落ち着く。

2.痙攣が始まったら、痙攣時間のカウントをする。

3.救急車に連絡をし、待つあいだに子供に楽な姿勢をとらせる。

4.痙攣箇所の把握、痙攣後の体温計測。

5.水分補給

6.救急隊員、医師に正確なデーターを伝える。




救急車を呼ぶことについて、躊躇される方がいらっしゃいますが、
救急隊員が来てくれた時点で、
子供が通常の状態に戻って、熱もなければ、
保護者の了解と、救急隊員の判断で、帰ってもらうこともできます。



何が起きても、まずお母さん自身が落ち着いてくださいね。



(ベビーシッター聖子) より

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link