赤ちゃん幼児子育て.com

熱性けいれんで救急車は呼ぶ?

Sponsored Link

熱性けいれんで救急車を呼ぶか、
呼ばない方が良いのかと、よく育児相談のサイト等で見かけます。

google Sponsored Link1


熱性けいれんを目の前で見た事無いと、
どういう症状かも想像できないでしょうから、
呼ぶ・呼ばないが考えられないですよね。


今回は、熱性けいれんについてお話しますね。



【初めてのけいれんは、呼んでいいです。】



初めて、熱性けいれんを起こした場合は、
救急車を呼んで構わないです。


その際に、熱の有無、
けいれんの時間を救急隊員に聞かれるので、
確認出来ていると良いです。


初めてのけいれん以降の熱性けいれんは、
症状をしっかり見て、1回目と同じで、
けいれんした後、起きる前の状態に直ぐ戻ったのなら、
救急車を呼ぶ必要はありません。


呼んだ方が良い場合は、けいれん時間が5分以上続いた場合は、
救急車を呼んで、その事を伝えましょう。


熱性けいれんの多くは、2~3分で収まりますし、
100人中7~8人が起こす病気ですので、
心配する必要はありません。


google Sponsored Link2



【我が家は3歳の時なりました】



長男が3歳の時に、私は3人目を妊娠中で、
自分の体調不良から、息子の熱に気付かず、
出先で熱性けいれんを起こしました。


スーパーのレジに並んでいる時に、
手に持っていたジュースを落としたので、
拾って渡してあげようとしたら、ひきつけていました。


最初は、何が起きているのか理解できず、
頭が真っ白になりました。


後ろに並んでいた人の「ひきつけだわ」の言葉に
これが熱性けいれんなんだと理解しました。


両手・両足をつっぱったまま上下に小刻みに揺らしていました。


目は、焦点が合っていない感じで、
名前を呼んでも何の反応もありませんでした。


スーパーの定員さんが救急車を呼び、
息子を休憩室に運んでくれて、
横にして下さったので大事に至りませんでした。


私1人だったら、パニックになっていたでしょう。



【過度な心配はいりませんよ】



熱性けいれんが起こる原因は不明ですが、
特殊な病気ではありません。


脳の中の神経細胞に流れている電気がなんらかの原因で
ショートしてしまう事で起こると言われています。


でも、初めて目の当たりにすると、
本当に驚きますし、怖いと感じてしまうでしょう。


私自身も、驚き、この子はどうなるんだろうと思いました。
救急車の中でも不安で仕方ありませんでした。


でも、2度目はありませんでしたよ。


我が家の息子は、掛り付け医の勧めで、
けいれんを起こした後からは、37.5度の熱が出たら、
ダイアップという座薬でけいれんを予防していました。


お薬で予防ができる病気でもあります。


だから、2度以降は救急車に電話するのではなく、
しっかりと我が子の症状を見て、
その後の対処を判断しなくてはいけません。


初めての熱性けいれん後は、掛り付けの先生に相談し、
分からない事、対処の仕方などきちんと聞いて、
病気の事を理解しておきましょう。


怖がる病気ではありませんから、
正確な知識を得て、対処して下さいね。


そのためには、日々の我が子の小さな変化に気付けるだけの、
ママの心の余裕が必要ですから、
時には息抜きをし、子育て楽しんで下さいね。






 『ちょろたんより』

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link