赤ちゃん幼児子育て.com

水疱瘡の予防接種!間隔はどれぐらい空けたら良い?

Sponsored Link

平成26年10月より水疱瘡の予防接種が
任意接種から定期接種へと変更になったのをご存じですか?

google Sponsored Link1



これにより接種対象者は公費(無料)で
予防接種を受けられるようになりましたね。


任意の予防接種って結構費用が高い
ですから・・。これは助かりますよね。


今回は水疱瘡の予防接種について、
対象年齢や接種の間隔の空けかたなどの
お話をしたいと思います。



水疱瘡とは?



水疱瘡とは水痘・帯状疱疹ウイルスの感染によって引き起こされる
感染症のことを言います。


主に空気感染により10~20日の潜伏期間の後、
発疹、発熱の症状が起きます。


水疱瘡は10歳までのお子さんによく見られる病気で
最もかかりやすいのは1~2歳頃です。


一般的に小さいうちにかかると軽くすむことが多いですが、
まれに重症化することもあります。



予防接種の対象年齢は?



水疱瘡の予防接種が任意接種から定期接種と変更になった
ため、対象年齢のお子さんは必ず受けるようになります。


対象年齢:生後12月から36月に至るまでの間のお子さん

    (1歳の誕生日の前日から3歳の誕生日の前日まで)


すでに水疱瘡にかかったことのあるお子さんは
接種する必要はありません。


google Sponsored Link2



接種の間隔はどれくらい空けたら良い?



水疱瘡の予防接種は3か月以上の間隔をあけて
2回接種することになっています。


理想的な接種の仕方は以下のようになりますので
参考にしてみてくださいね。

  
  ●初回接種 生後12月~15月


  ●追加接種 初回接種終了後、6~12か月の間隔をあける


そして予防接種をうける際、他の予防接種との間隔も気をつけなければ
いけません。


※水疱瘡は生ワクチンなのですが、麻しん、風しん、BCGのような同じ生ワクチン
 どうしの場合、間隔は27日以上空けなければなりません。


※肺炎球菌やヒブ、インフルエンザなどの不活化ワクチンの場合、
    
     生ワクチン→不活化ワクチンの順番だと27日以上 
     
     不活化ワクチン→生ワクチンの順番だと6日以上


空けなければいけませんので注意してくださいね。
詳しくは市町村から送られてくる予防接種のお知らせに
書いてあると思います。


そして水疱瘡の予防接種でもう1つ注意したいことがあります。


平成26年度のみ、経過措置として以下の条件に当てはまる
お子さんは定期接種を1回受けられることになっています。
 

 ◎3歳の誕生日から5歳の誕生日の前日までのお子さん
 
 ◎今まで水疱瘡にかかったことがない

 ◎水疱瘡の予防接種を受けたことがない


これらのすべての条件を満たしていないといけません。


うちの娘は4歳11か月ですが、この条件に当てはまったので、
つい先日予防接種を受けてきました。


でも実は最初は、10月から水疱瘡の予防接種が
定期接種になるとは知らずに8月に受ける予約を入れていたのです。


たまたま知り合いの人にこのことを聞いて、
急きょキャンセルをしました。


もしかしたら知らない人もまだいるかもしれないので
そのときは教えてあげてくださいね。


そして繰り返し言いますが、
この経過措置は今年(平成26年度)のみなので、
くれぐれも忘れないようになるべく早めに受けてくださいね!



さいごに



乳幼児期の定期接種はたくさんあります。


同じ予防接種でも複数回受けなければならなかったり、
頭の中がこんがらがってしまいますよね・・。


間隔の空け方なども予防接種によって違ってくるので、
間違えないようにしましょうね!





                
しろぷーちゃんより

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link