赤ちゃん幼児子育て.com

水が怖い子供の克服法とは?

Sponsored Link

子供の習い事では、不動の人気を誇る、スイミング。
スイミングは全身運動なので、続けることで、

google Sponsored Link1

基礎体力がつくことはもちろん、心肺機能も向上し、
風邪をひきにくくなるなど、効果がたくさんあると
考えられています。



また、万一の事故の際に、自分の身は自分で守れるように、
子供に泳げるようになって欲しい、と考える親御様は多いでしょう。



例えば、

2014年7月、
友人たちと伊東沖にシュノーケルに来ていた、
神戸市の20代の男性が、仲間とはぐれ、



なんと、「背浮き」で20時間、
40キロも漂流した



という、ニュースがありました。



これは、極端な例ではありますが、いざという時、
泳げるか泳げないかが、命に関わるのです。



赤ちゃんはみんな泳ぎの達人?




赤ちゃんは、その発生から誕生まで、
ずっとお母さんの羊水の中で育ちます。



ですから、水に対する恐怖心がないのではないか、
といわれています。



しかし実際は、「水が顔にかかるだけで泣いてしまう」、
「水の中に顔をつけることができない」など、
水に対する恐怖心をもつ子供は珍しくありません。



水の好き嫌いは、個性なのか?




かくいう私も、昔から水が苦手。
幼稚園年長から1年生までの2年間、
スイミングに通っていたものの、



プールに潜ることができず、
ただの1級も進級できないまま、
嫌になってやめた、
という苦い経験があります。



ですから、せめて子供は泳げるようになって欲しい、
と、長男が1歳の誕生日を迎えてすぐに、
ベビースイミングに入会しました。



しかし、それほど早く始めたにも関わらず、
長男は、水がとにかく苦手でした。



まわりの子供たちが、プールサイドから、
バンバン飛び込んでいくのに、
長男は、飛沫が少し顔にかかるだけで、
それをぬぐうことに必死。



お風呂のシャワーさえ、3歳をすぎても大泣きでした。



「私の水嫌いが似たのだろうか?」とか、
「1歳からでは、遅すぎたのだろうか?」とか、
色々なことを考えました。


google Sponsored Link2



しかし、次男が生まれると考えは一変。



次男は、水がとにかく大好きだったのです。



次男が1歳半頃のことです。



一緒にお風呂に入っていて、
私がシャワーで自分の頭を流していて、
一瞬、目を離した隙に、
次男がお風呂で足を滑らせました。



しかし、私は気づきませんでした。
次男は驚いた様子でしたが、
たいして怖がることもなく、
声も出さずに、背浮きをしていたからです。



それが面白かったのか、
自分からお風呂でブクブクをしたり、
顔をつけて遊ぶようになりました。



スイミングなど、一切通っていないのに、
次男の、この水に対する恐怖心のなさを見ると、
水への恐怖心は、元々生まれ持ったものも、大いに
関係すると思えるのです。



それでは、水が苦手な人間は、
水が一生、好きになれないのでしょうか?



それもやはり違うようです。



水が本当に苦手だった、現在6歳になる長男は、
5歳を過ぎて、ようやく水が好きになりました。



1歳からスイミングに週一回通い、
4歳までは泣いていた長男。



今では笑顔でプールに通うのが、嘘のようです。
それには、いくつかのきっかけがありました。



水は怖くない、と思えるようになったきっかけ。




まず1つめは、ゴーグル(水中めがね)を買ったことです。



水が怖い理由の一つとして、多いのは、
「目に水が入って痛い」
ということがあります。



ゴーグルをすることで、目が痛くならずに
水の中を見れることで、
プールが楽しくなったそうです。



二つめは、春休みや夏休みなどの長期休暇に開催される、
スイミングの集中レッスンに参加したことです。



普段は週に1回、幼稚園の授業の一環でプールを習う長男。
しかし集中レッスンで、5日間連続でプールに入ったら、
3日目くらいから、明らかにプールへの参加態度が、変わったのです。



まだほとんど泳ぐことができない長男ですが、
「水は楽しい」ことを知るのに、丸4年、かかったわけです。
とても長い道のりでした。



さいごに




水が怖い子供の克服法について、
我が家の場合をご紹介しました。



わざわざ高いお金を出して、
スイミングに通わなくても、



ゴーグルをもって、夏休みなどに、
ぜひ何日間か連続して、親子で、
プールへ行かれてみてはいかがでしょうか?

momoより

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link