赤ちゃん幼児子育て.com

水いぼにピンセット!麻酔はある?

Sponsored Link

この記事では、皮膚の表面に効く麻酔について、お話しします。
水いぼの治療は、イボをピンセットで一つ一つとることで早く治します。

google Sponsored Link1



病院では、子供はまず動かないようガードにされ、
患部周辺に消毒液をぬります。



この時点で子供は「注射」を思い出し、嫌な予感。
ピンセットでプチプチ何度も取ります。



水いぼの芯部分をつまんでとるので、
当然痛い!



泣き叫び、暴れると押さえつけられる子供。
がんばって、すぐに治るから!ママも必至です。



先生はついに皮膚の痛みを感じないようにする、
麻酔シールを準備します。
「これをちょっと使ってみましょうか?」





【麻酔シール・ペンレスシール】





あまりにも嫌がり、治療にならない場合は、
皮膚の表面麻酔ペンレスシールを使います。



大きなシールをハサミで切り、水いぼを覆うように上に貼ります。
30~40分後に麻酔が効いてきます。


皮膚の痛みを伴う治療においては、
子供は痛みを感じることなく、スムーズに治療が出来ます。




便利なシールで副作用もほとんど無いのですが、
使用頻度や期間等には注意が必要な場合があります。




必ず病院や薬局の説明や注意事項を守って使用しましょうね。




google Sponsored Link2



【麻酔で痛みは感じなくても、タイヘン?!】




麻酔シールの効果は絶大で私も驚きました。




娘が一度だけ注射をする時に使用しました。
痛みを感じないのか?
普段劇泣きの娘がニコニコと注射を受けました。




水いぼもと思いきや、麻酔の効いていてラクな姿勢で治療するところは、
脇やお腹・腕等は、比較的スムーズにできました。



ところが、効果を実感しても長い時間続いたり、
動きを制限されると嫌がり抵抗してきました。




肛門・陰部近くのはシールを貼っても剥がれ易く、
事実排泄時で必ず剥がれました。
そのせいか?この部分は効きが悪いのか?
毎回とても痛がりました。



この部分は、ついでに増えるのも早く苦労しました。



シールを触わらない・剥がさないように、
麻酔が効いてくる40分位大人しくさせる。
親的にこれは至難の業でした。





【麻酔シール効果で全て解決というわけには・・】





麻酔シールの効果はとても期待できます。




治療前の準備、麻酔効果待機中の親はシンドイです。
剥がれたから、また貼り直して治療には時間もかかるため、
早期完治の為に痛みはガマンしてもらい
強引にとってもらう事もありますし。



また、治療中に動けないようされると子供は嫌がります。



順調にピンセットでとっていっても、
傷口から出てくる血を見て驚いて泣くお子さんも多くいるようです。




麻酔シールのお世話になり、痛みへの恐怖を緩和しつつ。
見つけたら増えないうちに早くとって治しちゃう!
これが、親子的には最小限のストレス策として良いかもしれません。






「mamaDUCKより」

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link