赤ちゃん幼児子育て.com

水いぼの治療期間はどれくらい?

Sponsored Link

ある時、ふと気がつくと、
子供の体に赤いプツプツが・・・


しばらくすると、その周りにも増えて、
あっという間にあちらこちらに
プツプツ・・・


皮膚科で水いぼと診断されて、
いざ治療開始!


でも、一度で終わるわけでもなく、
次から次へとプツプツ・・・
いつまで続くの?


今回は、水イボの治療期間は
どれくらいかかるのかについて
お話したいと思います。

google Sponsored Link1


【気長にいきましょう】



水いぼは、皮膚の接触によって
すぐに感染し、増えていきます。


白い膿を出したくなるのですが、
うまく潰さないと、そこからまた増えたり、
痕が残ってしまいます。


一番良いのは、やはり皮膚科で取り除いてもらうのが
衛生的にも安心だと思います。


治療期間は、皮膚科で診察を受けた時点での、
水いぼの数によると思います。


当然ではありますが、少なければ少ないほど、
取り除くのも早く、すぐに終わります。


あっという間に、増えていくので、
数が多ければ、それだけ治療期間も長くなります。


ただ、水いぼというのは、
10歳くらいまでの子供の皮膚病で
それ以降は、ほとんどないようです。


もし、増えてしまっても、
中学生、高校生になるまで
ずっと治療が続くわけではないので
ご安心下さい。


【娘の場合・・・】



小学校入学前、
一年間スイミングに通いました。


そして、その夏のお風呂でのある日。
右の脇の下に、赤いプツプツを2つ発見。


しかし、2つだけで、
特に痒みも痛みもないようなので、
そのうちに治るだろうとそのままにしていました。


ところが、それから一週間ほど過ぎたある日、
ふと気がつくと、脇の下の赤いプツプツが
6つほどになっていました。


増えたので驚き、このままにしておくと、
また増えるのではないかと思い、
すぐに皮膚科に連れて行きました。


すると、なんと、
まさかの水いぼ!!


皮膚感染しかないと言われ、
思い当たるのは、スイミング。


子供達が水着でシャワーを浴びたり、
体を乾かしたりする時に、
肌同士が触れ合います。
その時に感染したと思われます。


そして、当然、簡単に皮膚感染するというので、
せっかく習い始めたスイミングも
しばらくお休みする事になりました。


皮膚科では、ピンセットで、
先生が水いぼを一つ一つ摘んで
取り除いていきました。


一応、取り除いてもらったものの、
やはり、しばらくすると
脇の下周辺にもプツプツと小さいものから、
大きなものまで増えていました。


脇の下というのは、
腕と体の部分が触れるため、
水いぼの成分が触れて
増えてしまったのだと思います。


そして、また皮膚科に行き、
ピンセットで取り除いてもらいました。


しかし、水いぼが出来たら
すぐに皮膚科に行って、治療してもらっていたので、
5回ほどですべて無くなりました。


治療期間で言うと、毎週土曜日に通っていたので
娘の場合は、1ヶ月半ほどかかったと思います。


最初は、いつまで続くのだろう、
と不安でしたが、皮膚科の先生も
ずっと治らないものではないから、
と言われていたので、気長に構えるようになりました。


google Sponsored Link2



【最後に】



水いぼは、決して治らない皮膚病ではありません。
まして、10歳くらいまでの皮膚病と言われています。


水いぼを見つけたら、
早めに皮膚科で受診すれば、早く治ります。
もし、増えてしまっていても、
ずっと治療が続くものでもありません。


終わりはすぐに訪れます。
そう思いながら、出来たら取り除けばいい、
くらいの気持ちで、安心して気長に治療しましょう。





etos

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link