赤ちゃん幼児子育て.com

歯医者で子供が泣く!どうしたら?

Sponsored Link

子供が歯医者さんを嫌がって毎回泣いてしまう・・。
これはよくあることです。

google Sponsored Link1




大人だって歯医者さんの音や匂いが
苦手な人はたくさんいますよね。



また治療で痛い思いをしたことがある人は、
その痛みを考えるだけで歯医者さんから
足が遠のいてしまったり・・。



だから子供が歯医者さんを嫌がるのは
当然といえば当然なんです。



しかし泣くからといって虫歯を放って
おくことはできませんよね。



今回は歯医者さんで子供が泣く場合、
どうしたら良いかについて
お話したいと思います。



【泣いてもしからない】




子供にとっては歯医者さんでお母さんと離れて
1人で寝っ転がっているだけでも、とても
不安なことだと思います。



ましてや先生や助手の方など、知らない大人に
囲まれて、これから何をされるのかわからない
状態では、泣きたくなるのも無理はありません。



大人から見ると「ただ診察してもらっただけなの
に何で泣くの!?」と言いたくなることもあるかと
思いますが、ここでは叱ることはやめてください。



痛いことをされたわけではなくても
子供は緊張するなか頑張ったのです。


そのことをまずは受け止めてあげましょう。




【治療の大切さを教えよう】



虫歯ができてしまって治療することに
なった場合、子供は痛い思いをする
こともありますよね。



そうなると、〝歯医者さん=怖い所”という
イメージができてしまい、その先、歯医者さんに
行きたがらなくなってしまうこともあります。



無理やり連れて行ってもロビーで
大泣きされてしまったり・・。



そんな場合は、子供にきちんと治療の大切さを
わからせることが大切だと思います。



うちの場合は・・


「今先生にお口の中のバイキンマンをやっつけて
もらわないともっともっと痛くなっちゃうよ~」


「虫歯を放っておくといずれ歯が
なくなっちゃうって~。そんなのやだよね~」


などとちょっと大袈裟に子供に言っています。
怖がらせて可哀想だとも思いますが、きちんと
治療することは、もちろん子供のためですからね。



私がそのように言うと、子供も今歯医者さんに行かない
ほうが大変な目に合うとわかるので、
自分から「イヤだ~。歯医者行く!!」となります。



google Sponsored Link2



【治療のあとには】




子供が痛いのを我慢しながら、頑張ったあとには
「○○ちゃんが頑張ったから、もうバイキンマンは
いなくなったよ!本当に頑張ったね!」
と必ず褒めてあげましょう。



そしてこのときもう1つ言っておいた方が
良いことがあります。



それは「先生に感謝しようね!」
という言葉です。



何故この言葉が大切かというと、これを言うか
言わないかで、子供の中の歯医者さんのイメージが
変わってくるからです。



痛い思いをしたのだから、普通は子供の中では
〝歯医者さん=痛い所、怖い所”
というイメージがついてしまいますよね。



でも〝先生がバイキンマンをやっつけてくれたんだ!”
と思えば、子供にとって歯医者さんは、自分を助けて
くれるヒーローのような存在になるのです。



そうすると今後また虫歯になってしまって、歯医者さんに
連れて行かなくてはいけないときも、スムーズに連れて
行けるようになります。




【最後に】




お子さまに〝歯医者さん=怖い所”という
イメージを持たせないようにするには
大人が歯医者さんを嫌がらないことも
大切です。



何気ない大人の会話で
「歯医者嫌だなぁ・・」などと言っていると、
結構子供はそういうのを聞いています。



また「歯を磨かないと歯医者さんで
痛い思いすることになるよ!」などと
脅しに使うのもよくありません。



虫歯がなくても小さいうちから定期的に
歯を診てもらい、歯医者さんに慣れさせて
おくのも良いでしょう。



しろぷーちゃんより

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link