赤ちゃん幼児子育て.com

共働きで旦那に家事と育児をするのは普通?やってもらうには?

Sponsored Link

最近は〝イクメン”なんて言葉が
普通に使われるようになりました。

google Sponsored Link1


イクメンとは、つまり〝育児をするメンズ”
のことを言います。


芸能人などでイクメンのパパを見ると
本当に羨ましくなってしまいますよね~。


うちの旦那さんも、あのくらい家事や育児を
手伝ってくれたらなぁ、なんて思うママも
きっと多いことでしょう。


とくに共働きをしている場合。


「私だって働いているんだから
 もっと家事や育児を手伝ってよ!!」


と言いたくなりませんか?


でもやっぱり、昔から言われているように
家事や育児は妻の仕事?



今回は、共働きで旦那さんが家事と育児を
するのは普通のことなのか?
またやってもらうにはどうしたら良いのか?
についてお話したいと思います。





【育児に共働きは関係ない】

まず育児に関してですが、これは共働き、
専業主婦に関わらず、夫婦ともに育児を
することは、あたり前のことだと思います。


旦那さんの仕事が妻より遅いなど、平日は
時間的に協力することが難しいとしても
休みの日に育児をすることはできます。


子供は夫婦2人で作ったものですから
2人で育てるのは当然のことです。



それに育児をしない旦那さんがいるなら
言いたいです。
〝勿体ないですよ”って。


子供はあっという間に大きくなってしまいます。
特に、小さくて可愛い時期なんて、
あっという間です。


せっかく授かれたお子さんですから、
その有難みに感謝して、十分にお子さんと
関わってほしいと思います。





【家事は?】

次に家事に関してですが、これは妻の働き方に
よって変わってくるようです。


妻が正社員で働いている場合、
夫婦ともに家事をすることは普通である、
と考えている人は多いようです。


しかし妻の仕事がパートになると
様々な意見が出てきます。


〝パートなんて専業主婦と一緒なんだから
家事を全て妻がやるのは当然だ”


という意見もあれば、


〝パートだって働いているのに変わりはないの
 だから旦那が家事を手伝うのはあたり前だ”

という意見もあります。


面白いことに男女で意見が分かれるわけではなく、
旦那さんでも、家事を手伝うのは当然という考えを
もっている人もいれば、働いている妻でも、家事は
全て妻がやるものだという考えの人もいます。



妻が自分のお小遣いのためにパートをしている
場合は別ですが、働いたお金を家計に入れているの
であれば、それは立派な共働きだと思います。


旦那さんと比べれば、確かに短い時間、少ない日数
かもしれませんが、働きながら家事と育児を
こなすのは想像以上に大変なものです。


そのことを旦那さんは理解してあげてほしいです。
また妻もやってもらうのは当然!ではなく、毎日
仕事で大変なのに家事を手伝ってくれてありがとう!
という感謝の気持ちを忘れずにいましょうね。



相手への〝思いやり”が一番大切です。




google Sponsored Link2


【家事や育児をやってもらうには? ~うちの場合~ 】

うちの旦那さんは昔から家事や育児に関しては、
自主的に少しはやってくれています。


主に食器洗いやゴミ捨て、子供の歯磨き、寝かしつけ
赤ちゃんのオムツ替え、赤ちゃんのお風呂などです。


私は今は専業主婦ですが、フルタイムで働いているときも
あれば、短時間のパートのときもありました。


私が働いている、働いていないに関わらず、家事や育児を
手伝ってくれるので、旦那さんにはとても感謝しています。


なぜ旦那さんがやってくれているのか考えた結果、
2つポイントとなるところがありましたので
それを書きたいと思います。



①やってもらいたいときは必ず最初に「ごめん」をつける。

 
  「ごめん、これ捨てておいてくれる?」
  「ごめん、赤ちゃんのオムツ替えて!」
   
   
  というように、私は何かを頼むとき、必ず最初に〝ごめん”
  という言葉をつけるようにしています。
   
  
  「ごめん」がついていないと、偉そうに指示しているように
  聞こえてしまうのに対し
  「ごめん」を最初につけると、それだけで〝お願いしている感じ”や
  頼んでしまって悪い感じ”というのが滲み出るんですよね。
  自分が逆の立場になって考えてみるとわかります。
    
 
  そうすると旦那さんも
  「いいよまかせて!」と気持ちよく引き受けてくれるのです。
 

 
   
   

②担当の家事をもってもらう。

  
  男の人って女の人の気持ちを察することって苦手なんですよね。
  だから妻が家事をやりながら、心の中で「手伝ってほしぃ~」と
  思っても、なかなか気づいてはくれません。
  うちの旦那さんもそうです。
  
 
  すると私の方もだんだんイライラ・・。


  だったら担当する家事を決めてしまえばいいのです。
  不思議と男性って担当になるとそれだけは文句も言わずに
  やってくれるんですよね。
  

  話合いで決めるのも良いですが、最初はまず自分がやり、
  そこから上手く、旦那さんが担当になるように持っていくのは
  いかがでしょうか?


  例えば私がうちの旦那さんに〝赤ちゃんのお風呂”の担当になって
  もらったときは、まず一度自分が赤ちゃんをお風呂に入れ、
  
  
  「すごい大変だった~。上手く出来ないし、手がすべっちゃいそうで
  怖かったよ~」などと言って、大変さをアピールしつつ、
  旦那さんに甘えてみました。

  

  すると面倒くさがりの旦那さんも
  「いいよ、お風呂は毎日俺がいれるから!まかせて!」
  となったのです。

  
  その後2人目が産まれても、赤ちゃんのお風呂は自分の仕事だと
  思ってくれています。


  やはり男性ってどこかで頼りにされたい部分ってあると思うんですよね。
  単に面倒だから押し付けられたと感じたらやってはくれません。
  多少の演技力が必要かもしれません(笑)
  

  それに心の中で期待されるより、はっきり担当を割り振ってもらった
  ほうが、きっと男性も家事を手伝いやすいのではないでしょうかね。


        
   
   

【最後に】


共働きである、ないに関わらず、男性が家事や育児を
手伝うことって夫婦円満の秘訣であるように思います。


    
もちろん手伝ってくれれば助かりますが、
それ以上にやってくれようとする気持ちが嬉しい
ですよね。



今、旦那さんが家事や育児を手伝ってくれなくて
困っている人は、お願いするときの言葉をちょっと
変えてみたり、旦那さんに「毎日お仕事ありがとう」
という感謝の気持ちをこちらから伝えたりしてみては
いかがでしょうか?
   

人って結構変わるものですよ。


しろぷーちゃんより 

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link