赤ちゃん幼児子育て.com

新生児の夜泣き対策はどうしたら良い?

Sponsored Link

夜泣きの対策、新生児期から
悩むママさん多いと思います。

google Sponsored Link1



初めての出産だと、
産後のママの身体も回復期で
無理出来ないですよね。


夜眠りたいのに、
夜泣きされると辛いですよね。


今回は、新生児期の
夜泣き対策について
お話しますね。



【みんな一緒です】



0~1ヶ月の新生児期は、
まだ昼・夜の区別がなく、
起きたり、眠ったりを繰り返しています。


お腹が空いたり、
オムツが気持ち悪いと泣きますよね。


ママ自身は、昼間起きていて、夜眠りますよね。


だから、夜泣かれると辛いと感じますが、
赤ちゃんは昼間も泣いています。


夜泣くから、夜泣きですよね。


新生児期は、昼だから、
夜だから、泣くというのは
関係ないです。


でも、ママも眠りたいですよね。
少しでも長い時間眠っててほしい、
と思いますよね。


授乳して、オムツも替えたのに泣き止まない時は、
赤ちゃんをおくるみや、大判のバスタオルで、
全身を包んで、抱っこしてみて下さい。


ギュッと包んであげて良いのですが、
呼吸には気を付けてあげて下さいね。


赤ちゃんは、お腹の中で、
小さく丸まって過ごして
いましたよね。


同じような状況を、
作ってあげると安心して
眠る事があります。


もし、赤ちゃんがベビーベットで
眠っているのであれば、
ママと同じ布団で添い寝してみて下さい。


赤ちゃんが不安に感じて、泣いているのかは
分かりませんが、ママのぬくもりを感じて
落ち着くという事はあります。


ママの声でも安心するので、
子守唄を歌ってあげたりするのも良いです。


子守唄が歌えないというママは、
耳元で優しく話し掛けてあげるのでも良いですよ。


google Sponsored Link2



【私も長女の時は、何で泣くの?と思いました】



初めての出産の時、私の場合、
特に頼れる人もなく、
一人っきりの育児になっていました。


日中、泣いているのでも「何で泣くの?」と
手探り状態の育児でしたから、夜なんて、
オムツ?お腹?とあたふたしたのを思い出します。


一緒の布団に眠る事に、
潰したらどうしようと
抵抗を感じていました。


でも、産院の先生から
「お母さんは本能で分かるから絶対潰したり
しないんだよ。心配しないで添い寝してあげて」
と言われて添い寝してあげていました。


赤ちゃんの寝顔を見ていると、
ママも気持ちが落ち着いて、
安心して眠れますよ。



【泣かれると辛いですよね】



頭では分かっていても、
やはり夜泣きは辛いですよね。


小さな赤ちゃんの小さな泣き声でも、
寝不足だと頭に響きますし、
イライラの元になってしまいます。


イライラしないためにも、
赤ちゃんが眠っている間は、
ママもしっかり身体を休める事を
心掛けて下さい。


ついつい家事をしたり、
テレビを見たくなるかもしれませんが、
寝不足にならないため、
体調を崩さないために眠りましょう。


家事を手抜きして、
可愛い我が子の夜泣きに
万全の心構えを持ちましょう。


ママが準備万端にすれば、
新生児期の夜泣きなんて、
あっという間に過ぎてしまいますよ。


まだ小さな赤ちゃんですが、
少しずつ成長しています。


小さな成長にも、しっかり気付けるよう
心にゆとりを持って過ごせたら、
楽しい育児が出来ると思いますよ。




「ちょろたんより」

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link