赤ちゃん幼児子育て.com

手足口病はどんな症状?期間はどれぐらい?

Sponsored Link

手足口病。
今年の夏もニュースで報じられるくらいの大流行でしたよね。

google Sponsored Link1


その勢いは子供だけにとどまらず、
大人でも、かかっている方を、ちらほら見かけました。


我が家は、今年は運良く感染しませんでしたが、
長男が3歳のときに経験があります。


微熱と発疹でしょ・・・と侮っていましたが、
本当に大変でした。


私の中で手足口病は、かかりたくない病気の第2位です。
余談ですが、1位はノロウィルスです^^;


そんな手足口病、一体どんな症状なのでしょうか。



手足口病の症状は?



手足口病の症状は、一般的に次のように言われています。


熱は、37℃~38℃とそんなに高くなく、
出ない場合もあります。
病名の通り、手のひら、足の裏、口の中に、
赤い発疹や、水疱ができます。


ところが、症状には、かなりの個人差があります。
39℃台の高熱を出す子もいますし、
太もも、二の腕、お尻など、広範囲に発疹が
出ることもあります。


特に、ここ数年に流行している手足口病は、
発疹が広範囲に出ることが、多いようです。


一番やっかいな症状は、口の中の発疹、口内炎です。
口内炎は、痛みが酷いので、
食べたり飲んだりすることができなくなってしまう子が多く、
脱水症状になることもあります。



手足口病の期間は?



潜伏期間は2~6日間です。
このときはまだ症状はありませんが、
咳やくしゃみから、人にうつす恐れはあります。


発症すると、熱が出たり、発疹が出たりします。
ウィルスが原因なので、
特に治療法はなく、自然治癒を待ちます。


熱は1~2日で下がることが多く、
発疹は落ち着くまでに、1~2週間かかります。
この期間は、唾液や、発疹から直接、人にうつす恐れがあります。


症状が全て治った後、本人は元気一杯でも、
1ヶ月くらいは、排泄物にウィルスが残っています。
感染力は弱まりますが、
トイレの後は手を洗うなど、注意が必要です。

google Sponsored Link2




息子の手足口病、こんな感じでした。



私の息子の場合は、まず熱に気が付きました。
ちょっと元気がないかなーと思ったら、37.8℃の微熱。


翌日が土曜だったので、念のため病院へ行くと、
「お母さん、手のひらと足の裏に、ちょっと発疹あるね。」
と言われ、手足口病が始まりました。


このときの発疹は、
そう言われると、なんとなくポツポツあるかな・・・
というくらいの、よく見ないとわからないレベルでした。


ところが2日後、熱は下がったのですが、発疹は増え、
とにかく、とっても機嫌が悪いんです。
口の中を見ると、驚くくらいたくさんの口内炎がありました。
口内炎は喉にも数個ありました。


その日から、食べ物を食べたがらなくなったので、
食べられそうなものを必死で探しました。


良さそうかなーと思った、おかゆやうどんは意外とダメで、
すっぱいからダメかなーと思っていたヨーグルトが、
一番食べやすかったようです。


バナナをすりつぶしてヨーグルトに混ぜたりして、
なんとか食べさせていました。


痛みのせいか、夜寝ていても、頻繁に起きてグズグズするため、
看病している側も、体力的にとても疲れました。


全部の症状が、やっと落ち着いたのは、5日後くらい。
もう二度とかかりたくない・・・と思いました。


おわりに



手足口病、来夏も大流行するのでしょうか・・・。
恐ろしいですね。


日ごろからバランスの良い食事をとって、
ウィルスに負けない丈夫な体を、作りましょうね。



nana★mama より

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link