赤ちゃん幼児子育て.com

幼稚園に行きたくないと言う場合は休ませるべき!?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

「幼稚園に行きたくないといえば休ませています」
そう、懇親会で、堂々と他のママ達の前で発言したママがいました。

他のママは、同感したり驚いた顔したりそれぞれでした。

今回は、お子さんが幼稚園に行きたくないと
言った時は休ませるべきか?と紹介します。

Sponsored Link1

【・休ませるのも1つの選択】

冒頭で、書いた、「休ませています」をいうママ。
それはそれで良いと思います。
そのお家、そのお家で、家庭の教育方針があり、
イヤだと言えば、休ませる。それも1つの選択です。


他のママは、
「子供は行きたくないと、お腹を痛がるから幼稚園に行けない」
という家庭もありました。


その家庭は、体調不良を理由にお休みが続き、子供に行きたくない理由をきき、
その理由が、担任先生がしつけに厳しすぎるというものから、
幼稚園側に、あまり厳しくしつけないでくれとお願いし、
その後登園しているようです。



少し、過保護な対応と思われがちですが、
そのお家の方針なので、それも1つの選択です。



無理矢理でも取りあえず登園。
我が家はこのタイプです。
そして、明日から幼稚園に行きたくないなら、
幼稚園の担任の先生と直談判しておいで、と告げ送り出します。



すると、「楽しかった!」と帰宅します。
翌朝また行きたくないと言うのですが…。



3人の対応が違う親を持つ子供達。
しかし、子供達は子供達なりに成長し、
幼稚園を休みながらも来る子、
我が家のように、無理矢理?送り出されながらもいく子。



それぞれに楽しみを見つけ、その子達なりに、
幼稚園ライフを楽しんでいます。
(なぜか、3人の子供達はなかよしです)




【・まずは話し合ってみよう】

普段の幼稚園の様子をまず、聞いてみます。
できれば、お子さん本人からいいのですが、
的を得ないのであれば、参観日で確認するか、
連絡帳に「子供の普段の様子を教えて頂けますか?」と書いてみましょう。



お返事もしくは、電話などで対応してくれると思います。



その上で、どうしていきたくないか?を探ってみたり、
聞いたりしましょう(あまり過度に聞くと嫌がるので程ほどに)



どうして行きたくないか。がわかれば、
それに対して、親は同対処するか考えて見ましょう。
考えた上で、「休ませる」が答えなら、それで良いのです。

Sponsored Link2

【・さいごに】

休む理由が大切かなと思います。
面倒だから行きたくない。なら行かせるべきですが、
どう考えても、酷な理由なら、お休みしなくてはいけないこともあります。



ママは、子供が一番身近な存在です。
お子さんがどうしたらベストか。
残念ながら絶対の答えはありません。



我が子が一番わかるママだからこそ、
その子のベストな対応ができると思いますよ。
自分の対処に自信を持ってくださいね。

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP