赤ちゃん幼児子育て.com

幼稚園と保育園の料金の違いとは?

Sponsored Link

働いている日中は子供を保育園や幼稚園に預けます。
子供を自分の手元に置かずに預けるわけですが、

google Sponsored Link1

実は子供を預ける施設「幼稚園」と「保育園」には大きな違いがあります。
この違いを知り、料金についても詳しくわかりやすくお伝えします。




実際、大体いくらくらいなの?


公立は安い、私立は高いというイメージがありませんか?
何を持って安い高いを言っているかは人によるのでしょうが、
実際のおおよその金額をまとめてみました。


保育園と幼稚園、
どちらも保育の料金は公立と私立では大きく異なります。




公立の保育園と公立の幼稚園 

  保育料の差を一例で見てみましょう

(神奈川県:公立幼稚園)

入園料  8,000円
毎月の保育料  12,000円×12ヶ月
合計  152,000円


(千葉県:公立保育園 一例)
:世帯の合計所得税合計が20万円の場合

0~3歳未(毎月の保育料) 33800円×12ヶ月 合計441600円
3歳以上 (毎月の保育料) 19400円×12ヶ月 合計232800円

公立保育園の場合は世帯の収入(前年度の所得税額)と、
子どもの年齢によって保育料は決まります。
保育料は無料*~7万円以上と段階的に設定されています。



私立幼稚園と私立保育園(認可外保育園)の保育料の差


(神奈川県:私立幼稚園 年間一例)

入園料  80,000円
入園手数料  3,000円
制服・園服費  31,400円
毎月の保育料  22,000円×12ヶ月
園の維持費   1,000円×12ヶ月
園バス利用料  2,500円×12ヶ月
持ち物一式購入 14,350円
教材費  7,200円
冷暖房費(年間) 2,200円
合計 444,150円


(私立保育園:認可外保育園)

週5日 8時~18時まで利用した場合の保育料

0~2歳児クラス:58,000円×12ヶ月 696000円
3~5歳児クラス:55,000円×12ヶ月 660000円

保育内容の充実と私立幼稚園同様な授業を行うなど、
園から習い事への送迎もするなどがあったり、
近頃人気が上がっています。


公的な補助を受けていないぶん、
認可保育園と比べると
保険料が高くなる傾向があります。









「幼稚園と保育園」公立・私立で料金設定からして異なります


幼稚園は文部省の管轄で、公立・私立があります。
公立と私立では料金も変わってきます。



公立幼稚園とは市区町村などの
地方自治体が開設している幼稚園のことです。



私立幼稚園とは幼稚園の経営者がいて
社員がいるという会社組織となる幼稚園のことで、
授業の料金や入学金も幼稚園ごとに異なり、
経営側の都合で値上げや値下げもありうるのです。



保育園は厚生労働省の管轄となり、
こちらも公立と私立があります。



公立幼稚園とは市区町村などの
地方自治体が開設している保育園のことです。
世帯の所得から算定される住民税によって
子供の保育料も変わります。



第一子、第二子によって、年齢によってもかわります。
私立(認可外も含む)保育園とは、
私立幼稚園と同様、経営者がいて社員がいるという
会社組織となる保育園のことです。



最近では私立幼稚園と変わらないほどの
オリジナルな授業内容を取り入れたりで、
公立との差別化を図るなど、
料金も私立幼稚園と並ぶほどの金額となっています。







園を選択する時は・・・



保育園と幼稚園は実質的には
子供を預ける場所でありますが、
先に述べたように管轄も違えば、
保育の目的も異なります。



どちらにしても入園を希望する場合、
公立ならば住んでいる地域の保育園・幼稚園の入園となり、
保育料も自治体で定められていますので
金額は自治体からの通達がない限り上下しません。



しかし、私立の場合は入園する子どもや、
園で必要とする事柄が異なりますので
それにより金額も上下します。



例えば、通園バスを利用しない、
制服や園での持ち物はきょうだいのおさがりなどで大丈夫などでは
初期費用がその分減額されますし、
いくつかの園の授業料金を比較して
入園を決めることもできます。



園での施される保育の特色や
個人の経済状況において入園を自由に選択できるのです。





google Sponsored Link2


金額をより詳しく知り、入園準備にとりかかろう


私の経験から、入園希望の幼稚園の説明会などに参加をしなければ
実際の月謝や諸費用などはわからないと思います。



そこで頂ける資料には幼稚園でかかる費用の一覧が載っていました。
ですので 併願を希望される場合は、
説明会などに参加されて質問・疑問は
直接幼稚園サイドに問い合わせられる機会を持つことが良いかと思います。
その上で授業料の比較をすることをおすすめします。



そして通園できる範囲の幼稚園であるかどうかを考えた上、
バス通園を希望しませんでしたので
徒歩通園の範囲のところに通わせました。



授業内容はもちろん、
学校に上がった時に幼稚園の友達が引き続き一緒かどうかも
気になるところでしたので、
なるべく地元での通園を希望しました。




授業料以外の出費、例えば教材費、月間の絵本代、
幼稚園によってはお誕生会のケーキ代なども
授業料以外からの徴収金として
その都度集金されるという幼稚園がありました。




授業料に含まれない徴収金が毎月あり、
各家庭の経済状況では想定外だということになる場合もあります。




我が家の場合はそれらがあまりない幼稚園を選んで、
月々にかかるお金がきちんと把握できる施設を選びました。



噂では「あの幼稚園は高いとか安いと」など耳にしていましたが、
高いなりに納得できる、安いなりに良い点もあるなど
金額だけでは決められない部分もあるとは思います。
支払う金額の全体像が見えていることが一番なのではないかと思います。


安易に安い保育料の園に人気が集中したり、
きょうだい割がある園に希望者が殺到する場合もあります。



そして私立の場合は
値上げの通達が突然にあったりすることが普通にあります。
授業料というよりは年間施設費用を
「昨今の経済環境により値上げをご理解下さい」という感じです。



我が子が通う幼稚園は
授業内容に対し割と良心的な料金(月 22000円前後)
だと思いますが、
そんな中でも金額の値上げは
突然にやってくることも
念頭に入れておくということを肝に銘じておきます。



そのためにも支払うお金の詳細は
知っておくべきでしょうね




ハンドルネーム:P-SUE より

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link