赤ちゃん幼児子育て.com

幼稚園からの英語教育のデメリットは?

Sponsored Link

我が家の今年10歳になる長女も幼稚園入園と同時に
某大手英会話スクールに通い始めました。

google Sponsored Link1

幼少期からの外国語教育、
メリット・デメリットもあるんだな~というのが正直なところ。
あえてデメリットの部分をお話したいと思います。



英語教育は早ければ早いほど良いとしているけれど。。。


英語に対する抵抗力がないうちから英語を習わせよう、
外国の語学も大人よりは飲み込みが早いだろうと思って
学ばせる方が多いと思いますが、本当にそうでしょうか。



子供が英語に興味を持ってやりたいとした場合を除く、
大体の場合が親の判断でお稽古を開始するでしょう。



まず、幼稚園児が日本語以外の言葉、
英語の存在に気がついているかどうかもわかりません。



英語を教える教師との出会いも大切です。
英語というよりはいかに幼稚園児に興味を持たせ、
集中力を切らさずに
授業を引っ張れる教師との出会いがあるかどうかで
成果は分かれると思います。



しっかりしたカリキュラムが組まれている大手英会話スクールでも、
できる教師に出会えるかどうかだと思います。




google Sponsored Link2


習得すべき日本語力にも影響する


年齢にあった語学力のレベルというのもが
日本語にも英語にもあるでしょう。



日本語でもしらない言葉を英語で知るということは、
親として英語教育名利に尽きると
ガッツポーズしたくなるくらいに嬉しいことに感じますが、
実際は少し危険です。



りんごを見て 英語で「APPLE」、
日本語で「・・・」では意味をなしませんから。
日本語と英語が紐ずいてはじめて語学力になるからです。



英語を習得させたいあまり極端に英語ばかりを使って、
コミュニケーションをとることをしていると、
年齢にあった日本語の単語量・語学力も劣ってしまいます。
幼稚園生活など集団の中で、
お友達とのコミュニケーションが取りにくくなることもあるのです。



親がこうなってほしいと望めば、
無理をしている自覚が無いまま、
親の期待に添えるように頑張ってしまい、
結局は日本語自体もあやしいことになる場合もあります。



語学を学ぶ適齢に達しているの?


脳科学的な事を少し言わせてもらうと、
「クリティカルエイジ」という言葉があります。



人間のDNAに埋め込まれている情報の一つで、
器官やその機能の発達の上限の限界をいい、
その器官の中には脳も含まれます。
ものすごい数の脳細胞は、
使われない細胞はどんどん死滅してゆきます。


よく言う「頭を使わないとの細胞が減ってゆく~」というのは
このクリティカルエイジのことなのです。


人の脳が発達し続け、学習すればするほど吸収する時期は
8歳から13歳までです。
その頃に言語の学習を開始すると
より質の高い結果をもたらすと言われているのです。



もう小さい頃から英語を習っているけどまったく成果がない・・・
というのはクリティカルエイジに突入していない時期だと思われます。




継続は力なり…


小さなうちから英語を話せるようになろうと親子で努力した結果、
ある程度は話せるようになります。



生活の中で英語を使う時間を取り入れ、
日本語で考える、英語で考えることを
うまく頭の中でシフトできるようになれば
小さな子供でも英語の習得は可能です。



ですが、ある程度の結果で満足し、やめてしまっては
せっかく覚えた英語も大きくなる頃には
すべて知識から抜け落ちてしまうということがあります。



せっかく時間とお金をかけて頑張っても学習を継続しなければ
忘れてしまうという現実も覚えておいてください。



ハンドルネーム:P-SUE より

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link