赤ちゃん幼児子育て.com

幼稚園のお弁当!おかずで人気なのは?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

幼稚園で食べるお弁当。少しでも可愛く詰めて
おいしく食べてもらって子どもに喜んでもらいたいですよね!

でも、幼稚園でのお弁当のおかずって
どんなものを詰めてあげれば
食べやすい?
どんなおかずが人気なのでしょう?

今回は、お弁当のおかずで
人気のあるものを
ご紹介したいと思います!

Sponsored Link1

【食べやすい一口サイズのおかず】


年少さんなどは、一人で食べるのも
大変な3歳児ですよね。

周りのお友達が上手に早く食べ終わり
お外遊びに行ってしまうと
自分も早く食べなきゃって焦って
しまうお子さんもいるようです。

そこで人気なのは、やっぱり
一口で食べられるおかず
なんですね!

例をあげると…

・ミートボール
・ミニトマト
・ちくわ
・うずら卵
・ハム&チーズ巻き
・シューマイ
・ポテト


このあたりは、ママがカットする
こともなく、汚れずに
一口でパクっと食べられる
メニューです。

ちくわなどは、一口サイズに
カットした中に、ウィンナーや
ブロッコリー、枝豆やキュウリなど
詰めてあげると、彩りもよく
一口で食べられるのでオススメ
ですよ!

また、ピックなどがOKな園で
あれば、枝豆やコーン、きゅうりや
ハムなどを刺して入れてあげると
食べやすいかと思います!





【普通のおかずを可愛く見せる】


手の凝ったおかずでなくても
切り方や詰め方ひとつで
素敵なおかずに大変身します!

<ハート型に変身!卵焼き>

あやこまんハート卵焼き

①卵焼きを作る。

②図のように斜めにカットする。

あやこまん卵焼き切り方



③片方はひっくり返し
切り目を合わせるとハートになる。

寝かせて詰めるとせっかくの
ハートが見えないので、何かの
おかずなどに支えてもらう
感じで詰めるといいですよ!

<お花切りのハム>


あやこまん花ハム

①ハムの両端をカットする。

②端を残し、真ん中だけに
切り目を入れていく。
(図参照)

あやこまんハム切り方



③半分におり、端から
くるくる巻いていく。

ただのハムも可愛くお花に
大変身!
見た目も可愛いですし、隙間
埋めに最適なんです!

見た目も可愛ければ子どもも
また入れて!と喜んでくれますよ!

<昔からの人気!タコさんウィンナー>


あやこまんタコさんウィンナー



①ウィンナーを斜めに半分にカットする。

あやこまんタコさん切り方


②片方だけ切り込みをいれる。
(足の部分です)

③ボイルする。

④スライスチーズをストローで
型抜きし、口にする。

⑤海苔で目を貼って完成です。

タコさんウィンナーは
子どもに大人気のおかずです!



Sponsored Link2

【さいごに…】


いかがでしたか?


・食べやすいもの
・一口サイズ
・汚れにくいもの
・詰め方や切り方を工夫

以上の点を踏まえて作ってみてください!

お子さんのお気に入りのおかずが
みつかるといいですね!
色々試してみてくださいね!

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP