赤ちゃん幼児子育て.com

幼児の食が細い時、解決策は?

Sponsored Link

お子さんがいらっしゃるママさんにとって、
毎日の食事の支度は本当に大変ですよね。

google Sponsored Link1




栄養バランスや家族の好みを考えながら献立を決め、
子どもをあやしながら食事を作る・・・。


でも、毎日苦労して作っているのに、
子どもがほとんど食べてくれない!


このようなママ友のお話を、よく耳にします。


これからどんどん成長してゆくお子さんにとって、
毎日の食事は欠かせないもの。
このままだと大きくならないのでは・・・と、心配になりますよね。


ここでは、食が細い幼児について、どうすれば食が進むようになるか?
解決策をご紹介します。





[生活リズムを整える]




夕食の時間が遅くなったり、夜遅くに間食したりということが
ありませんか?


また、朝も幼稚園の時間ギリギリまで寝ていて、
ゆっくり朝ごはんを食べる時間がない、ということが
繰り返されていないでしょうか。


少なくとも、夕食は寝る2時間前くらいには食べさせ、
朝もご飯を食べる時間を長めに確保してあげてください。


食事の時間をきちんと決めてあげれば、胃腸のリズムも整い、
ご飯前にお腹がすくようになると思います。


食事と睡眠の時間を見直す。
これだけでも、子どもは食べる量が違ってくると思います。





[食事に興味を持たせる]




食が細いお子さんの中には、もともと食べることに関心がない子も
いるようです。


そのような場合、一番簡単にできるのは、一緒に買い物をすること。
「この野菜は緑がきれいでおいしそうだね~」
「トマトを一緒に選ぼうか」
など、おしゃべりしながらスーパーを歩いてみてください。


いつも切ってある野菜、もともとはこんな形をしているんだねなど、
子どもにとって小さな発見がたくさんあるはず。


「これは今日一緒に買ったトマトだよ」などと声かけしてあげると、
少しは食事に興味を持ってくれそうですよね。




google Sponsored Link2



[私の家では・・・]




私の子どもは、2人とも幼稚園児。
上の子は毎日しっかり食べるのですが、下の子は日によって
食が進まないこともあります。


もともと、下の子も食べることは好き。
あまり食べない日のことを振り返ってみると、やはり眠かったり、
おやつを食べ過ぎていたりということが原因になっています。


そこで、今日はあまり食べていないなと思ったら、
とにかく楽しく食事ができるように心がけています。


私「このお肉、よく噛むとほっぺたが落ちそう~!」
 「これを食べたらお母さん、元気モリモリになってきたよ」


子ども「わたしも食べてみる!」 


・・・と、毎回うまくいくわけではありませんが、
我が家はたいていこのような感じで、食べない日を乗り切っています。





[さいごに]




お子さんの食が細いことを心配しておられるママさんが、
かなり多いようです。


作ったものを食べてくれなかったらイライラしてしまうことも
あるかもしれませんが、あまり神経質にならなくても大丈夫。


今はあまり食べなくても、毎日規則正しい生活をしていて、
元気ならば、今の食事量がお子さんに合ったものなのかもしれません。


食事はみんな揃って楽しく!を毎日心がけていれば、
きっとたくさん食べてくれるようになりますよ。



dora80より

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link