赤ちゃん幼児子育て.com

幼児の水いぼは何科に行ったら良い?

Sponsored Link

幼児期の皮膚のトラブルの一つ水いぼ。
白く光沢のある粒状の水いぼもあれば、
大きくボッテてりした水泡っぽいものもあります。

google Sponsored Link1



大きさも2~5mmとミリ単位ですが幅があり、
身体の部位にもよって若干形の違いがあるようです。



これって水いぼかなぁ~?
そう思ったら、ひとまず病院を受診しましょう。



皮膚の病気だから皮膚科?
幼児期に多い病気なので小児科?
判らないから、とりあえず総合病院に行ってみる?





【基本は皮膚科、他は確認】



皮膚の事なので皮膚科・診療科目に
皮膚科がある病院が良いでしょう。



皮膚科は、水いぼではない場合の診断もできますし、
治療のバリエーションも豊富です。
水いぼに慣れているので手際よく診察と治療が行われます。



「小児科」が筆頭にあるこども専門の病院も
対応の可能性は高いです。



診療科目の中に小児科・形成外科がある病院、
大人の診察もする病院は、一度電話などで確認しましょう。



総合病院の場合は、診察する科の割り振りもあるので、
事前に総合案内や予約の際に確認をしましょう。




google Sponsored Link2



【優しい小児科の先生のところへ】




息子の水いぼの時に皮膚科を受診しました。
早期解決のためピンセットでとる方法を選択しました。



麻酔シールを使っても、陰部効きが悪いのか?子供が痛がります。



手馴れたスタッフとはいえ、半ば押さえつけて治療したようで、
繰り返しでてくる水いぼの治療を、
子供が嫌がるようになりました。



たまたま妹の受診で近所にある「内科・小児科」で
水いぼの事を聞いたら、治療をしてくれることが判り、
以後その病院で治療しました。



近所のかかりつけの病院なので、
麻酔シールの効き始める時間に診察に行くのがラクでした。




息子の扱いも手馴れていて、先の皮膚科と同じ治療なのに、
暴れることなくスムーズに治療できました。






【自分の都合の良いところが一番】





水いぼはしつこいので、完治するまで時間がかかり、
その時期は頻繁に通院することになります。



麻酔シールを取に行ったり、麻酔が効く待ち時間を考えると、
面倒な時もあります。




子供が慣れているかかりつけの病院、
または近くの皮膚科・小児科を中心に
治療の有無を確認しましょう。



皮膚科でも美容に力を入れているところもあります。
機会があれば、ご近所の先輩ママにも聞いてみるのも
ラクです。




病院の場所、先生との相性、混み具合、診察日時等
自分と子供にとって無理なく負担なく、
都合の良い病院に通院しましょう。




場合によっては、上手く使い分けるのも良いですね。




「mamaDUCKより」

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link