赤ちゃん幼児子育て.com

幼児の歯並び・・・矯正したほうが良い?

Sponsored Link

お子さんのお口の健康、とても気になりますよね。
虫歯のことや歯並びのこと。

google Sponsored Link1


虫歯は、早期発見することで、大事には至らず
治療期間が短くて済みます。


しかし、歯の矯正となると、話は別。
普通は保険適用外のため、お金もかかるし
年単位での治療が必要になります。


一般的に、歯の矯正は子どものうちに
しておいた方が、痛みも少なく矯正しやすいと
言われています。


では、幼児のうちから歯並びが気になる場合には、
すぐに矯正したほうが良いのでしょうか?



[3歳を目安に考える]


子どもの歯は、3歳まではまだまだ未発達。
噛み合わせがとても不安定で、アゴもこれから
大きく変化していきます。


そのため、3歳になる前に噛み合わせが悪くても、
半分以上の子どもが自然に治るそうです。


0~2歳までは、歯並びが気になっても
矯正の必要はまだなさそうですね。


一方で、3歳を超えると噛み合わせが安定して
歯並びの傾向もだいたい分かってきます。


そのため、歯並びが気になる場合でも、
3歳を過ぎてからお医者さんに相談するしても
十分間に合います。



[幼児期の矯正って?]


歯の矯正と言うと、歯に補助器具を取り付けることを
想像しますが、幼児期からそれを行うのは
本当に稀なケースだと思います。


幼児期のうちは、まず歯並びに影響するような
癖を改善することからスタートしていきます。


歯並びは遺伝的な要因もありますが、お口の癖が
影響していることが多いようです。


指しゃぶりや爪を噛む、唇を吸う・・・など。


早いうちに癖を直しておけば、歯並びへの影響が
少なくて済むそうです。



google Sponsored Link2


[本格的な矯正はいつから?]


歯やアゴの発達には、大きな個人差があります。
そのため、何歳から始めるのが理想的かは、
一概には言えないようです。


お子さんの顔の成長にまで影響するような歯並びの場合は、
小学校入学前後から始めることもあるようです。


ですが、多くの場合は、小学校高学年になってからが
ほとんどです。


必要性があるケースを除いて、子どもが矯正の意味を
きちんと理解して前向きに取り組むことができる
年齢になってからのほうが、スムーズに進みそうですね。



[まとめ]


幼児の歯並びの矯正は、3歳を目安に、お医者さんと
よく相談した上で決めるのが良さそうです。


私自身、子どもの頃から歯並びが悪く、それが今でも
コンプレックスになっています。


幸いなことに、現在のところ、私の子どもは
歯並びに問題は見られません。


でも、もし気になることが出てきたら、すぐ
相談できるように、信頼できるかかりつけの
お医者さんを探しました。


気軽に相談できる病院を持っていれば、
いざという時にも慌てずに対応できますよ。

dora80より

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link