赤ちゃん幼児子育て.com

幼児の斜視は遠視と関係がある!?

Sponsored Link

ずばり!関係あるんです!
お子さんの斜視が気になって眼科を受診し、
「遠視」と診断された方も多いのでは?

google Sponsored Link1



なぜ遠視だと斜視になるの?
眼科の先生は説明してくれたけど、
いまひとつわからない・・・



でも、何度も何度も同じ質問も出来ず、
眼科を後にした方もいるでしょう。
私もそうでしたから・・・
斜視と遠視の関係について、一緒に学んでいきましょう!




【ピントを合わせるのに、頑張り過ぎちゃう!】

産まれたての赤ちゃんはみんな遠視なのです。
ピント調節を合わせるのがまだ上手じゃないんですね。
普通は2,3歳になってくると、調節機能が働くようになるんです。
ピントを合わせることも上手になり、
やがて遠視はなくなり、近くも遠くも良くみえるようになります。



でも、中には遠視の度数が強い子がいるんですね。
そういう子たちは、調節機能がなかなかうまく働きません。
いつまでたってもピントが合わせにくいままなのです。



遠視とは、本来遠くも近くもぼや~っとして見えます。
遠視の度数が強い子は、なんとかピントを合わせるようと
必死に頑張ってしまいます。


頑張っているまさにその時、
黒目が内側に寄る「内斜視」になっているのです。
頑張り過ぎちゃった結果が斜視なのです。



想像してみましょう。
きっとすごく目が疲れるんじゃないかと思いませんか?
それでもその子は、これが普通だと思っていますから、
頑張り続けてしまうのです。



いわゆるこれが、
遠視による「調節性内斜視」と言われるものです。




google Sponsored Link2


【遠視の度数が弱まれば、斜視も治ります!】

我が子の内斜視が気になり始めたのは、
2歳になってから・・・。
子供と一緒に遊んでいる時には、
内斜視になっていることに気づきませんでした。



「あれ?」と思ったのは、撮った写真を見た時です。
右目の黒目が明らかに内側に寄っていました。
その後、気をつけて見ていると、
何かを一生懸命見ようとする瞬間に、
「クイッ!」と内側に寄るのです。



とりあえず急いで眼科へ行きました。
1軒目の眼科では、子供の目を見てすぐに
「遠視性の内斜視ね!」と言われましたが、
「近くのものがつまめなくなったら、また来てください」と言われ、
何もせずそのまま帰りました。



それでも心配で、2軒目別の眼科へ連れて行きました。
そこでもまったく同じことを言われ、
数ヶ月放置してしまったのです。



内斜視が気になったまま数ヶ月が過ぎましたが、
空を飛ぶ飛行機も良く見えているし、
芝生の中の小さなお花もつかめます。



そして3軒目、小児専門の眼科へ・・・。
そこですぐにメガネを処方するよう指示が出ました。
すでに弱視になってしまっていました。
放置してしまったことを後悔しました。
一生懸命モノを見ていて、さぞ疲れていた事でしょう。



幼児の診察は難しいでしょうから、子供の扱いに慣れている、
子供専門の眼科の受診を強くお勧めします!
3件目の眼科では泣かなかったですし、長い検査も楽しくやっていました。
周りは子供ばっかりだから、病院という雰囲気じゃないですしね!
放置はダメですよ!



成長するにつれて、遠視の度数も弱くなりました。
受診の度に、慎重に黒目の位置を確認してもらい、
度数の変更を繰り返し、約7年経った今では、
メガネをかけている時はもちろん、
メガネなしでも黒目が真ん中にくるようになりました!




【まとめ】

いかがでしたか?
斜視は強度の遠視のサインです!
そのサインを見逃さなければ大丈夫!



遠視性の調節性内斜視は、
遠視の度数が弱まってくれば治ってきます!
ゆっくり見守って行きましょうね!


「あたぴちより」

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link