赤ちゃん幼児子育て.com

幼児の斜視は治るの?

Sponsored Link

お子さんの目の異常は、
ママにとってはとても心配な問題ですね。

google Sponsored Link1



まだ視力の発達していない、赤ちゃんの頃は、
軽度の斜視の場合は、気づかない事も多いです。


幼児になってから
「おや・・?なんだか目の動きがおかしいかな?」
と不安になって、眼科を訪れる事がほとんどだと思います。


大人になってからも、目がすごく疲れるなあと
感じている人の中には、微妙な目のずれ(斜位)
が原因だったりすることもあるのです。


今日は、幼児の斜視って治るのか?、
をお話ししたいと思います。



[気になる方は、「両眼視機能検査」に行きましょう]



人は、赤ちゃんの頃から、見たい物に視線を向けたり、
ピントを調節して、近くや遠くを見たりと、
目で物を見る訓練をしています。


幼児期には、絵本を見たり、スプーンで食べ物をすくって
食べる事ができるようになり、両眼で物を見たり、
立体的に物を見る機能が発達してきます。


そして小学校低学年頃には、
本を、行を飛ばさずに読むことが出来たり、
速いスピードで飛んでくるボールをキャッチ出来たりと、
両眼視、立体視が、大人並みに完成されてきます。


幼児の斜視について心配なのは、
この、両眼で物をみる「両眼視機能(りょうがんしきのう)」
に異常が発生してしまう事です。


左右の目の視力に、大幅な差がないことと、
眼のずれがないことが、両眼視する上で、
非常に大切な条件となってきます。


斜視は、今日見つけて明日治るといった事はありません。
早いうちに発見しても、数年かけて治療していく事が殆どです。


ご心配な方は、ぜひ、小児眼科や、
斜視外来で「両眼視機能検査」を受けましょう。


早期に発見する事が出来れば、完治する可能性も大きいのです。


メガネ屋さんの中にも、この検査を実施している施設が
全国にありますが、普通の視力検査では、
斜視の原因を探るための、詳しい検査まではしてくれません。


行く病院を選んだら、前もって、小児の斜視に
詳しい病院かどうか、チェックしておくことをおススメします。

google Sponsored Link2




[早期発見のカギとなる3歳児眼科検診]



自治体主催の赤ちゃん健康診断は、
1歳6か月と3歳児の2度に渡って行われますが、
3歳児検診では、視力の検査も行われます。


人間の視力の機能は、9歳前後には、
大人と同じくらいに発達する事がわかっています。


それ以降を過ぎると、治療によって
改善する可能性も非常に低くなります。


眼の治療は、早期の発見と治療が重要になってきます。


ですから、3歳の時に行われる眼科検診は、
斜視の早期発見にとって、非常に大切な検診なのです。



[最後に・・]



いかがでしたか?


今日は、幼児の斜視についてご紹介しました。


眼科の先生に、今後の治療方法を聞いた後に、
さらに、何か所か診察してもらい、
セカンドオピニオンを聞いてみる事を、おススメします。


斜視には早期の治療が重要になります。


様子を見ていてよいものか、
手術になるのか、メガネで済むのか、
納得のいく方法をしっかりと探しましょう。





頑張る三人娘のママより

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link