赤ちゃん幼児子育て.com

幼児の英会話!どんなところに効果がある?

Sponsored Link

子供が幼稚園に入園して、
朝から晩まで毎日、子供と一緒の生活から
ようやくママにも余裕が出てきた頃・・・


そろそろ何か習い事でも?
と考え始めます。


そして、いろいろな習い事の中でも
やはりいつの時代も上位に入ってくるのが
「英会話」


でも、まだようやく自分の気持ちが
何とか伝えられるようになったくらいで、
本当に英会話を始めていいの??
こんな早くから始めて、どんな効果があるの??


今回は、幼児の英会話が
どんなところに効果があるのかについて
お話したいと思います。


google Sponsored Link1

【子供は「音」で覚える?!】


大人になってから、
英会話を始めた人は少なくないと思います。
そして一番大変なのは、英語には日本語にはない音が
いくつかあり、それを聞き分ける事が出来ない事です。


例えば、「r」「th」「v」「f」などです。


当然、耳からその音を聞いて育っていないため、
大人になってからは、日本語の音が確立されているので、
それらの日本語にはない音を認識する事が出来ません。


そしていくら、発音の仕方を教わっても
大人になると、恥ずかしい気持ちが先立って、
聞いた事のない音をなかなか口にする事が出来ないのです。


よく、「英語は早ければ早いほうが・・・」
と言われますが、それこそが大きな理由の一つです。


子供が生まれてから、日本語を母国語として話すのは、
親が日本語で話しているからなんです。
赤ちゃんの頃・・・もっと言えば、お腹にいる頃から、
日本語の「音」を耳にしています。


ママが「あいうえお」を教えるわけではなく、
普通の会話の中で、自然と日本語を話し、
環境やその場の状況から、日本語の意味も習得していきます。


それと同じように、英語も幼児期のまだ脳が柔らかい時期に
どれだけの英語の音を耳にするかによって、
英語の音に対する抵抗がなくなります。


幼児期に英会話を始めると、日本語もままならないのだから、
日本語がおかしくなるのでは・・・?と
心配される方もいますが、普段の家庭において、
一日中日本語で話し、聞いてるわけですから混同する事はありません。


幼児期のまだ脳が柔らかい時期というのは、
英語の単語一つにしても、子供はまず、それを「音」として捉え、
それをそのまま素直に口にすることが出来ます。


単語の「音」と物事を繋げて単語を習得していくので、
日本語にはない「r」「th」などの音も聞き分ける事が出来るようになります。


小さい頃から英語に慣れ親しんでいる子は、
発音がきれい!と言われるのは、そこにあります。


【娘の場合・・・】


私自身は大人になってから・・・26歳から英会話を始めました。
そして留学のために必死に英会話教室にも通いました。


英会話の重要性を身を持って感じているからこそ、
娘には早いうちから英語を聞かせようと思っていました。


まだ乳児期でも、英会話教室はいくつかあります。
そしてママと一緒になって英会話を楽しむ事が出来ます。
日本語さえまともに話す事が出来ないので、
当然、英語を話すというよりは、聞くだけのものです。


それでも、英語の音を多く聞かせたかったので、
1歳になった頃、親子でリトミックのように
遊びながら楽しめる英会話教室を見つけて通うようになりました。


もちろん、娘は何も分からないまま、
ただ、私と一緒に英語の歌を歌ったり、踊ったりするだけでしたが、
とても楽しそうで、私も楽しい時間を過ごしました。


普段、家でもちょっとした時間に、
英語のCDを聴かせたり、DVDを見たりしていました。


幼稚園に入園して、自分の気持ちも何とか話せるようになって、
今度はただ楽しい英会話から、
少しステップアップした英会話教室を考えるようになりました。


もちろん、まだ幼児なので、楽しくなければ行きたがりません。
楽しさの中で、単語や表現を覚えていくものでした。


乳児期は日本人の先生でしたが、
幼児期になり、ネイティブの英語を聞かせたいと思い、
外国人の講師がいる英会話教室に通うようになりました。


乳児期から英語を聞いているせいか、
特に抵抗もなく、先生の英語の発音を
素直に真似して話せるのに時間はかかりませんでした。


特に「ストロベリー」の発音は、
夫も驚くほどきれいな「r」の発音でした。


これも早い時期から
英語に慣れ親しんできたおかげかな、と思いました。



google Sponsored Link2

【最後に・・・】


子供の可能性には本当に驚かされます。
そして小さければ小さいほど、子供は素直です。


その素直なうちに英語の音を聞かせ、
自分でも発するようになると、
自然と日本語にはない英語の音も
聞き分けられるようになります。


幼児期から英会話を始めると、
単語力や語彙力という前に
何よりも英語の「音」が身に付けられます。


幼児期からの英会話はおすすめです!

etosより

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link