赤ちゃん幼児子育て.com

幼児が泣くのを放置してしまっても大丈夫?

Sponsored Link


子供は泣くのがお仕事。


いつも相手してあげたいけれど、
親にも都合があり、
構ってあげられないこともあります。


そんな幼児の泣き・・・
放置してもよいのでしょうか?


この記事では、
幼児の泣きを放置しても大丈夫か、について
書いてみたいと思います。

google Sponsored Link1


【放置はしないほうがよい】



泣いたからと言って、放置しておくこと・・・


できるだけしないほうがよいです。


泣いても放置されることが続くと、
子供自身で泣くことを諦めてしまい、



「サイレントベイビー」という、
泣かない、笑わない子供に育ってしまうそうです。


これは、いい意味ではありません。


コミュニケーションも取れなくなり、
感情を出さない人間に成長してしまうそうです


幼児とは、1歳を過ぎたあたりから就学前までの子供を指します。


大きくなるにつれて、泣くことはコントロールできますが、
1歳すぎてすぐの頃は、泣くことの方が多いですよね。


泣くということは、何かしら不安を感じています。


痛くて泣いたり、
お腹がすいて泣いたり、
寂しくて泣いたり・・・


まだ話せないから、
大人に構って欲しくて泣くのです。


【大人だってイヤだ!】



幼児期のコミュニケーションは泣くということ。


泣いて訴えているのに、
それを遮られてしまったら子供はどう思うでしょうか?


逆の立場になって考えてみましょう。


自分が訴えを誰も聞いてくれず、放置されてしまったら・・・
嫌な気分になりますよね。


それと一緒なのです。


幼児だって嫌なものはイヤ!


泣いたら、どうしても手を離せない時を除いて、
すぐそばに寄り添ってあげる。


欲求は満たされなくても、
そばに来てくれたという安心感があります。


それと同時に、
ママやパパとの信頼関係を築いていくことができるのです。



google Sponsored Link2



【いつもは構えないけれど】



とは言え、育児に家事にやることいっぱいの忙しいママ、
いつもつきっきりというわけには行きませんよね・・・


パパがいればパパにお任せ!
ということもできますが、
ママ一人だと、泣いてしまうとどうしようもない・・・


そんなときは、必ず一声かけてあげましょう。


「ちょっと待っててね~」
「すぐ行くからね~」

そばに言ったら、
「待たせてごめんね」
「もう大丈夫だよ」

まだ言葉はわからなくても、
ママからの一言があるだけで、子供は安心しますよ。


なんせ、子供はママの声が大好きなんですから!



【さいごに】



いかがでしたか?


泣くことは幼児期にとって、
大事なコミュニケーションです。


ちょっと大変なこともありますが、
泣いてる子供にそっと寄り添って、
安心させてあげましょうね!


inekoより

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link