赤ちゃん幼児子育て.com

専業主婦と共働きはどう違う?比較してみた!

Sponsored Link

専業主婦と共働きとでは、どれだけ違いがあるのか
比較してみた事ありますか?

google Sponsored Link1


結婚する前から、専業主婦または共働きと決め、
それを実行している方もいれば、
何かしらの理由で考えていたのとは違う生活に、
なっている方もいると思います。


今回は、専業主婦、
共働きとの違いを比較してみたいと思います。



【大きな違いは、収入と時間ではないでしょうか】



今回比べる、専業主婦と共働き、どちらも子供が
1人居るという事で比較してみますね。


まず、専業主婦では、家事・子育てなので、
子供の昼寝の時間や、夜、眠った後に、
自分の時間が少なからずありますよね。


でも、共働きでは、家事・育児、
さらに仕事があります。


仕事から帰宅すると、
夕食準備・子供の世話・翌日の準備等で夜遅くまで、
せわしなく動いているという
感じではないでしょうか。


職場での休憩中に、ほんの少し、
ゆっくりと出来る時間があるくらいではないでしょうか。


収入面では、専業主婦は0円ですよね。
でも、ご主人の税金が、
配偶者控除のお陰で少し減税されます。


共働きは、雇用の仕方で差が出ますが、
いくらかは家計にプラスになりますよね。


どちらも良い部分と、悪い部分がありますよね。


専業主婦は、時間に余裕があったり、
減税を受けれますが、
貰える年金の額が少ないです。


それに、その減税も詳しく計算すると、
そんなに大きな金額ではないんですよ。


年収400万円のご主人だと、配偶者控除で安くなるのは
1年間で5万円程度だそうです。


え!?それだけ?って思いませんか?


逆に、共働きは、家計にプラスがありますが、
忙しさのあまり、外食が増えてしまったり、
どんぶり勘定になり、
出ていくお金もしまったという事があります。


子供が小さいと、その子の保育料に、
ママの収入がほとんど消えていく
というのも聞いた事があります。


幼いと手が掛るから、仕方がない事ですが、
何のために、働いているのか分らないわというママも
いるのではないでしょうか。


google Sponsored Link2



【私は、両方経験しました。】



妊娠をきっかけに、それまでの仕事を辞めて、
専業主婦で、ずっと過ごしていました。


しかし、子供が増え、経済的に不安になったので
パートではありますが、働き始めました。


働き始めると、専業主婦の時に、
いかに時間の余裕が有ったのかという事を切実に感じました。


仕事で疲れていても、残っている家事に、
溜め息をついたのを覚えています。


でも、働いたおかげで、社会復帰が出来、
自分の自信にも繋がりました。


主人に、遠慮せずに使えるお金が
増えた事にも喜びを感じました。


子供と過ごす時間が少なくなったのは、
とても残念でしたが、減った分、密度の濃い時間を過ごす事で
会話が増えたり、しっかり向き合う事を自分から
心掛けれるようになりました。


【結果として】



専業主婦、共働きのどちらにも、
メリット・デメリットはあります。


専業主婦は、時間に余裕があり、
子供とも長い時間一緒に過ごす事が出来ます。


でも、社会からの疎外感を感じたり、
取り残されたような気になってしまう方いませんでしたか?


逆に、共働きは、子供と過ごす時間は減りますが、
経済的面での余裕が増えますよね。


しかし、共働きでも、パートナーであるご主人の
手助けが得られるか、そうでないかで、
ママ自身の負担も変わってきます。


ご主人が無理でも、親や兄弟など、
誰かしらの援助があれば、全然違います。


専業主婦も共働きも、
どちらもそれぞれに大変な事あると思います。


どちらが正解・不正解、損・得等、
判断が難しいです。


ママ本人、周りの環境、ご主人のサポートの有無等で、
その人、それぞれに合った方を
選択するのが良いと思います。


ただ、小さな子供がいる場合は、
時短勤務やパート勤務等にして、子供と触れ合う時間を
大切にしてあげられたら良いなと、
私・個人は思います。






『ちょろたんより』

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link