赤ちゃん幼児子育て.com

年長の子供が幼稚園に行きたくないと…。対処法は?

この記事は3分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

年長さんは、小学校入学を控えて自分で
考え出来ることが増えてきます。



集団生活にも慣れ、
家では多少ワガママなところも、
授業参観等で幼稚園・保育園ではそれなりに
順応出来ている様子も垣間見られます。


幼稚園の最上級生として、
小さい子の面倒を見るお兄さん、
お姉さんの役割も果たしてくれます。


園での様子を話す内容も、
聞いていてイメージ出来るようになります。


基本的な生活パターンもつかめ安心してきた頃、


「幼稚園行きたくな~い」
「休みたい」


えぇ~っ!どうしたの?


体調が悪いのか?熱があるのか?


「何か嫌なことがあったの?」


健康そうなので無理やり登園させたり、
一日くらい休ませて様子を見たところ、


翌日も「行きたくない」


えっ?本当に?
仕事も休めないし、用事もあるし、どうすべき?



Sponsored Link1

【年長さんの行きたくないケース】



入園当時の「幼稚園に行きたくない」は、
ママ(家族)と離れるから、
慣れない集団生活だから、


可愛そうに思えても慣れてもらうため、
どんなに泣きわめいても登園させます。


それに対し年長さんの行きたくない理由には、
お友達とのトラブル、園の活動の好き嫌い、
家庭や周りの環境の変化、
等があげられます。


お友達とケンカしたり、
嫌なことをいわれたり、
踊りが好きではないのに、
発表会の練習ばかりだったりします。


転勤が決まり家庭がバタバタ、
ママが妊娠していつもと様子が違う、
大好きな遊具が工事中で使用禁止になってつまらない!


嫌なこと、不満な事でストレスな事を感じると、
まだまだ言葉で上手く伝えられないものです。


その結果「幼稚園にいきたくない」となります。


まずは、行きたくない理由を
優しく聞き出しましょう。


否定や叱咤では余計理由が
引き出しづらくなります。


園の担任の先生やベテランの
主任先生にも相談してみましょう。


理由がわかってくれば、次は対応策です。
その際は幼稚園と連携すると良いでしょう。





【一人っ子長男坊vs三男坊】



私の息子も年長の頃に一度幼稚園に行きたくない!
と主張した時期がありました。


息子の場合、理由を聞くと
素直に話してくれました。


一番のお友達は3人兄弟の三男坊。


遊び方もワイルドで、
いろいろな遊びや情報を知っている。
息子は少しあこがれている様子でした。


かけっこの勝負をして、
息子が勝っても認められず。


常に自分を敗者にして、
抗議すると仲間外れにするとのことでした。


お兄ちゃん達に毎日揉まれている子とは、
根性も要領も違うからな~と思いました。


当時は仕事をしていなかったので、
なんとなく1日休みました。


自分が会社や学校に行きたくない時を思い出し、
充分に話を聞いてあげること、
相手の事や、対応策をいっしょに考えました。


お友達もお兄ちゃん達に
同じ事をされて同じ思いをしていると思う事。


その場で嫌だと思ったら先生に相談する事、ママに話してほしい事、
よい機会だから他のお友達と遊んでみる事、
それでもこの子と遊びたい場合嫌なことを言うと離れてみる事
を提案しました。


先生には、気が付く範囲で息子が一人になっていたら、
声をかけてやるようコッソリとお願いしました。


翌日幼稚園に行って、
嫌な事を言ったので離れたという話をしたので、
上手に嫌なことを回避した事を褒めました。


褒めて褒めまくりました。
息子はまたがんばる!と言っていました。


それから卒園までは一度も
行きたくないとは言わなくなりました。


息子にとっては辛い経験だったかもしれないけど、
親としては、その三男坊君には
良い経験をさせてもらったと感謝しております。


元気な子が有り余っている好きな子でしたし。



Sponsored Link2

【まとめ】



年長のお子さんが「幼稚園に行きたくない!」
が続いた時は、
まずなぜなのか?探ってみましょう。


案外かわいい理由が多いものです。


まだまだ小さい子だから、
対応策は案外シンプルかもしれません。


先生にも相談して
協力してもらうことで状況を知ってもらいましょう。


いつもよりちょっと手間暇をかけて
子供に向き合ってみましょう。


これからの人生、
行きたくない時・やりたくない事だけど
避けられないことは沢山あります。


初めての試練に立ち向かう子供は、
自分をサポートしてくれる人が傍らにいる事を知り、
前向きに考え、うまく乗り切る術を学んでいきます。


幼稚園にいつものように行ってくれた時は、
試練に立ち向かい克服し成長したのですから、
思いっきり笑顔で迎えて抱きしめて褒めてあげましょうね!





「mamaDUCKより」

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP