赤ちゃん幼児子育て.com

子供の耳鼻科での耳掃除!頻度はどれぐらい?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

子供の耳の中を覗いてみると、
なんだか耳垢が溜まっているように見える…。




自分で取りたいけど、
子供が暴れて危ないし、ちょっと怖い。


でも、耳掃除のためだけに耳鼻科に行くって、どうなの?


そんな風に思うお母さんは多いのではないでしょうか。
自分もそうでした。


今回は、子供の耳鼻科での耳掃除のお話です。


まず、大前提として、耳鼻科での耳掃除は、
頼めば普通にやってもらえます。


治療じゃなくても大丈夫。
気になるなら受診しましょう。


ちなみに、私の住んでいる地域は、
乳児医療証で無料でやってもらえました。



Sponsored Link1

耳鼻科で耳掃除デビューしました



我が家の4歳の長女、先日耳鼻科に行きました。


ここのところ、しょっちゅう耳掃除をしてほしいと言ってくるので、
言われるがままにやっていたら、ちょっと出血してしまい…。


さすがにそのままにしておくのも怖いので、
重い腰を上げて受診したわけです。


診察してもらうと、私が綿棒で耳掃除をしている時に、
どんどん耳垢を奥に押し込んでいて、
奥の方に耳垢が溜まっているとのことでした。


長女は耳垢が極端に固い体質らしく、
耳垢を取ろうとすると、ギザギザした耳垢が、
耳の中を傷つけるのだそうです。


こういう体質の場合、親が自分で耳掃除をしてしまうと、
どうしてもトラブルになりやすいのだそうです。


耳鼻科でも、先生がピンセットで少し取ってくれたのですが、
大泣きで、出血もしてしまいました…。


それを見ると、怖くて、
もう家でやる気にはならないですね…。


このままだと耳垢を取るのは無理、ということで、
耳垢を柔らかくする(溶かす)薬を5日間、
耳に入れて、再受診するように言われました。


ちなみに、耳に入れるお薬、嫌がるかなと思いきや、
なぜか娘は喜んで「入れて♪」
と自分で言ってくるぐらいでした。


何が気に入ったのかは不明ですが…。





次の受信は6か月後!



そんなこんなで、5
日後に再受診して、
耳垢は無事溶けているとのことでした。


そして次は、
6か月後に来るように言われました。


娘の場合は、
6か月に1度の受診で大丈夫なようです。


友人から、3か月に1度
と言われたという話も聞きました。


この辺は、体質や、医師によって
判断が分かれるのかなと思います。


娘のような体質の場合、
自宅での耳掃除は
あまりやらない方がいいと言われました。


それでも6か月に1度でいい、ということは、
耳掃除自体、あまり頻繁にしなくていいと
いうことなのかもしれませんね。



Sponsored Link2

最後に



いかがでしたか?


親が子供の耳掃除をしたことで、
鼓膜を傷つけたりと、
耳のトラブルの原因になることも多いそうです。


たかが耳垢、
と思わず、気になったら
しっかり受診しましょうね!

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP