赤ちゃん幼児子育て.com

子供の気管支炎の対策は?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

気管支炎と肺炎の区別は
素人につきません。




息子が気管支炎になった時の
私の体験談を交えてお話しています。


ですが酷くなれば苦しむのは子供です。
早めにお医者様に連れて行ってあげましょう。



Sponsored Link1

●気管支炎の症状●



気管支というのは、
喉から肺にかけての気管が
左右の肺に別れた部分をいいます。


この気管支にウイルスや細菌が付着し
炎症を起こすのが気管支炎です。


インフルエンザやマイコプラズマなどから
感染することが
よく知られています。


子供が咳をするのを
見ているのはつらいものです。


痰がからんだ咳を
繰り返すようであれば要注意です。


小さい子供は気管支が細いので、
菌が取り付きやすいのです。


咳き込みだすと
どうしようもなくなります。


子供なり痰を吐き出そうとしているのでしょうが、
吐き出すことができずに
永遠と咳を続けます。


痛々しいことこの上ないのです。





●【体験談】気管支炎の対策法●



気管支炎は細菌の感染がキッカケでおこります。
やはりこまめに手洗いをさせるしか方法はありません。


我が子が気管支炎になったきっかけは、
お友達の家を訪ねて帰宅した直後でした。


最初は小さな咳をしていましたが、
夜になると段々咳の頻度は増し、
苦しそうに咳をするようになりました。


寝ていると苦しいらしくベッドの上に座りこみ、
永遠と咳込み続けました。


「お友達の家で何をしていたの」と訊くと
「積み木で遊んでいただけだよ」との答えがかえってきました。


積み木は案外危険なのです。


菌がついた手で積み木をいじり、
そのままその積み木を使えば
直接感染したようなものです。


それがキッカケで我が子は気管支炎を酷くしてしまい、
喘息まで発症して長いこと入院することになりました。


指をしゃぶるクセがあったので、
直接菌の付いた指をしゃぶってしまうことで
簡単に感染しまうことになったのです。



Sponsored Link2

●【まとめ】気管支炎になっちゃった●



気管支炎に対する予防はありません。


ウイルスや細菌が原因なので、
頻繁に手洗いをするクセをつけたり、
うがいをさせたりするしか方法はありません。


子供の場合は特に抵抗力がないので
食事なども気を付けた方がよいでしょう。


スーパーなどで蓋をしないで
販売している惣菜などにも、
ウイルスや菌が一杯付着しています。


大人の場合は抵抗力があるので付着していても、
それから病気を発症しなくて済んでいますが、
子供は抵抗力がないので感染してしまうのです。


うがい手洗いを習慣づけるようにしてください。


そうすることで子どもたちを
気管支炎のキッカケとなるウイルスや細菌から
守ってあげることができます。






恩田将葉より

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP