赤ちゃん幼児子育て.com

子供の夜泣きはいつまで続く?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

ウチの子、夜泣きがひどくて、いったいいつまで続くのか不安…。
そんな悩みを抱えるママさんも多いと思います。





今回は、我が家の体験談を交えて、夜泣きについてお話
させていただきますね。




Sponsored Link1

そもそも、夜泣きとは?



夜中に、オムツを替えても、授乳しても、何をしても泣き止まない!
という状況を、「夜泣き」と定義するようです。



原因ははっきりとは解明されておらず、脳の発達段階だから、とか、
睡眠の発達過程だから、とか、色々な説があります。




夜泣きはいつまで?



一般的には、早い子で、5~6か月ぐらいから始まり、
1歳半ぐらいまでに落ち着いてくる、と言われています。


あくまで、「一般的には」です。


個人差がとても大きくて、いつまで、とはっきりとは言えない
現実があります…。


うちの長女、4歳でも夜泣きすることがあります(泣)




長女の夜泣き



うちの長女は、完全母乳でしたが、どういうわけか、
2か月、3か月ぐらいの頃、夜はすやすやとよく眠り、朝までぐっすり!
夜泣き?なにそれ?という子でした。


ところが、5か月あたりから、夜2回ぐらい泣いて起きるようになり、
あれよあれよと言う間に、3時間おき、2時間おきと、
どんどん回数が増えていき、
最終的にはタイマーのように、1時間おきに泣く子になってしまいました。



ひどい時には、15分おきに一晩中泣く日もありました。
もういい加減、どこかに捨ててこようかと思うこともしばしば…。



次女を妊娠した1歳半あたりから、またひどくなり、本当に辛かったです。
これは実際に体験しないと、わからない辛さです…。





夜泣きの対策




一般的には、


・泣いたら、一度電気をつけて起こす
・昼間たくさん遊ばせる
・寝かしつけの前にたくさんスキンシップをする
・朝は早く起こして、生活リズムを整える



などの方法が効果的とされています。


まずはこれらの方法を試してみるといいと思います。






何をしてもだめなら…




色々書きましたが、何をしてもダメな子もいます。
一時的ならなんとかしのげますが、何カ月も続くと辛いですよね…。


どうにもならなければ、昼間は子供を託児所などに預けましょう!
その間、ママは寝てもいいし、好きなことをして
ストレス解消するのもアリです。


とにかく、夜泣きがひどくて睡眠がロクに取れないまま、
その原因となる子供とずっと一緒にいると、
正直言って、だんだんかわいく思えなくなります。



ママのためにも、子供のためにも、少し子供と離れましょう。




Sponsored Link2

最後に



いかがでしたか?
夜泣き、本当に辛くて大変ですよね。


今までの育児の中で、辛かったけど後になれば笑い話になることも
たくさんありますが、夜泣きだけは笑えません…。


みなさんのお子さんの夜泣きが、早く落ち着くことを祈っています。

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP