赤ちゃん幼児子育て.com

子供がインフルエンザ!解熱剤を使っても良い?

Sponsored Link

この時期、気になる感染症といえば
インフルエンザがありますよね。

google Sponsored Link1



うちの娘の幼稚園も、只今インフルエンザが
流行中で、残念ながらうちの娘も感染して
しまいました。


つい数日前のことです。


インフルエンザは高熱が出ることが知られて
いますが、うちの娘も40度の高熱が出ました。


しかし夜だったので、病院には行けず、
夜中の間、熱で辛いのを耐えてもらうしか
ありませんでした。


こんなときは自己判断で市販の解熱剤を
使っても良いのでしょうか?


今回は子供がインフルエンザになった場合
解熱剤を使っても良いか?について
お話したいと思います。





【解熱剤によっては危険なものも!】




子供が高熱で食事もとれず、ぐったりして
いると本当に可哀想になりますよね・・。


すぐにでも熱を下げて楽にしてあげたいと思うのが
親心でしょうが、インフルエンザのときに自己判断で
解熱剤を使用するのは、実はとても危険なことなのです!


何故なら、一部の解熱剤の使用は〝インフルエンザ脳症”
の原因になったり、重症化させるとも言われている
からです。


〝インフルエンザ脳症”とは感染後、急に意識障害などの
神経症状が進み、脳に後遺症が残ったり、死に至ることも
ある、とても怖い合併症です。


では、その危険とされている解熱剤にはどのような
ものがあるのでしょうか?


安全な解熱剤と危険な解熱剤について
まとめてみました。




(安全な解熱剤)



○アセトアミノフェン


(危険な解熱剤)



●ジクロフェナクナトリウム(ボルタレン、ブレシンなど)

●メフェナム酸(ポンタールなど)

●アセチルサリチル酸(アスピリン) 






アセトアミノフェン系の解熱剤にはカロナール
などがあります。


病院ではアセトアミノフェン系の解熱剤が
処方されるはずです。



一方、危険な解熱剤には大人用のバファリンなどが
あります。バファリンはサリチル酸系です。



しかしバファリンでも、小児用バファリンは
アセトアミノフェン系なので飲んでも大丈夫と
言われています。


必ず成分をしっかり確認してから
お子さんに飲ませるようにしましょうね。




google Sponsored Link2


【うちの場合】




冒頭にも書きましたが、うちの娘は今回初めて
インフルエンザにかかりました。


あっという間に40度まで熱が上がってしまい
ましたが、その日は土曜日の夜だったので
病院に連れていくことも出来ず、次の日まで
耐えてもらうしかありませんでした。


夜中も高熱のためか、なかなか寝付けないよう
で、辛そうでした・・。


朝になって体温をはかっても相変わらず40度の
ままで、さらにぐったりしている様子でした。


休日診療に連れて行き、タミフルと解熱剤は
アセトアミノフェン系のカロナールが処方され
ました。



次の日には熱も徐々に下がり、今も順調に
快復していっています。



今回の娘の場合は、高熱で辛そうではあったけど、
耐えてもらえるくらいだったから良かったものの、
もし「頭が痛くて辛い」とか訴えてきていたら、
私もかなりあせってしまったと思います。


うちには小児用バファリンなどはおいていないので
これからは、そんなときのために置いておくことも
必要なのかもしれないと思いました。




【最後に】




インフルエンザに危険な解熱剤があることは
ママが知っていたとしても、パパや同居している
おじいちゃん、おばあちゃんが知っているとは
限りませんよね。


熱が高いから心配して飲ませてしまった、
なんていうことにもなりかねません。


家族の間できちんと情報を共有しておく
ことが大切だと思います。


そして心配なときは、やはり自己判断で薬を
使用するのではなく、病院で処方されたものだけ
にしておくと良いでしょう。



しろぷーちゃんより

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link