赤ちゃん幼児子育て.com

子供のインフルエンザ!気管支炎に発展する?

Sponsored Link

毎年のように猛威をふるう、インフルエンザですが、
そのインフルエンザウイルスが、
気管支に、炎症をおこさせることがあります。

google Sponsored Link1




体質的に、気管支がデリケートな子供は、
インフルエンザ発症後、
2,3日後に、急性気管支炎を発症することがあります。



この記事では、
子供がインフルエンザ発症後、気管支炎発症に発展するのか?
ということを、私の仕事(ベビーシッター、病児保育にも従事。)
の体験談をもとに、お伝えいたします。





【インフルエンザ発症後の、発熱と咳に注目する!】




私は、シッティングで病児の子供を、数多く担当しています。
冬場は、
インフルエンザの、病児保育の依頼が殺到します。



シッティングに伺うと、
高熱で苦しんでいる子供と、それを不安げに見守る、
ママやパパの姿があります。



インフルエンザから、
気管支炎に発展するプロセスとして、多くみられるケースは、
インフルエンザ発症後、2,3日後に、
高熱(38度以上、時には39度以上。)とともに、
咳がさらに酷くなります。



咳の特徴ですが、
最初は乾いた咳がでて、時間の経過とともに湿った、
時には痰のからんだような咳に変わります。
発熱の特徴は、



インフルエンザの高熱(38度以上、39度、40度になることも)
が続いたまま、気管支炎を発症します。



他のウイルス感染から、気管支炎を発症した場合、
高熱のまま、気管支炎を発症していくケースは少ないです。




google Sponsored Link2



【病状に変化が生じたら、早めの再受診!】




インフルエンザを発症した子供の、シッティング中の出来事です。


熱が上がり(39度5分)、咳もさらに酷くなり(痰もでるようになりました)、
喘鳴が確認され、呼吸が乱れてきましたので、
職場にいるママに連絡をとり、直ぐに受診に向かいました。
ママとは、病院で落ち合うことにしました。



医師が慎重に、時間をかけて、
子供の胸に聴診器をあてていました。



医師の口からでた言葉は、
「急性気管支炎です。肺炎の恐れもあるので、すぐに入院してください!」
重大な診断結果でした。




病院に駆けつけてきたママも、
《インフルエンザがら急性気管支炎を発症した》
ことに、驚きを隠せませんでした。




幸いにも、
入院した子供は、早めに再受診をしたことで、
適切な治療が受けられ、早期に回復できました。





【まとめ】




いかがでしたでしょうか?
今回の記事では、
インフルエンザ発症後に、気管支炎発症に発展することがあるのか?
ということについて、
私の体験談をもとに、お伝えいたしました。




インフルエンザウイルスから感染して、急性気管支炎を発症した場合、
他のウイルス感染と異なる症状は、
《高熱がでる》ところにあると思います。




インフルエンザの診断結果がでても、
子供の体質や、その時々の子供の様子で、
《インフルエンザ発症後にも、気管支炎を発症する》ケースがあることを、
常に念頭においておきましょう。




気になる症状(高熱や激しい咳)を察知したら、
《早急に再受診》することを、おすすめします。




親子が、
日々健康で、楽しい生活がおくれますよう、
心からお祈りいたします!



(ベビーシッター聖子) より

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link