赤ちゃん幼児子育て.com

子供をしつける際の叱り方はどうやったら良い?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

ちょっと前まで、ミルクを飲んでいたかと思うと
歩き出し、喋りだし、いっちょ前に悪戯っ子へ…。


気づけば、ティッシュで雪景色を作るかわりに、
クレヨンで壁や床に、一面に夢景色を描き笑顔で自慢。
気づけば、お皿の端っこや床に隠すように残された野菜たち。


そんなことで毎日頭を抱えて
考える人のようなポーズになっていませんか?


毎日子どもと一方通行な言い合いや、
おいかけっこをしていませんか?
私だけじゃないはずです。



今回は、「子どもをしつける際の叱り方」について
お話をしようかと思います。



Sponsored Link1

子どもを叱るときに注意すること




何回言っても同じことを繰り返すことって、ありませんか?
それは怒っている理由が、子どもに伝わっていないからかもしれません。
一度子どもを叱るときのことを思い出してみてください。


叩いたりしていませんか?怒鳴ったりしていませんか?
幼稚園のお友達と比べてしまってませんか?
これは、子どもが「自分はいらない子」と思ってしまい、
逆効果だと思います。


そして、何故したのかを優しく聞いてあげたことはありますか?
子どもがいたずらをする理由に、
寂しい、自分を見てほしくてすることがあるみたいです。


でも子供のために怒るので、そんな急に問いかけれませんよね。
「こらだめでしょう!」の後でもいいので、
「何故悪いことなのか」「あなたのことが好きで大事だから怒ったこと」
「無理にじゃなくていいから何故したのか」を優しく聞いてみましょう。
もしかしたら、理由があるのかもしれません。





怒る前に考えてみましょう




私の娘は只今3歳です。


毎日パパを悪役に、アンパンチにアンキック!
最終的には「天に帰れ!」(プリキュア)で背中の上で大ジャンプ!
パパは痛くて、結構きつめに怒りますが全く聞きません。
何故ならパパは今「悪役」だからです。


私が「やられたら嫌でしょ?痛いことはいいこと?」
と言っても数分やめて、結局はもう一度します。
どうしてだと思いますか?


何故叩いてくるかと言うと遊んでほしいからです。
寂しいので、叩いてアピールするのですね。
ここは叱らず、子どもと遊んであげましょう。
先に子どものほうが疲れるのは確実です。



他にも、片付けをしない子もいますよね。
「やーだ」と言って怒ると泣く。
結局片付けはママの仕事で、家事の1つになることも。


「何故片付けないの!」と叱る前に、おもちゃ箱を見てみましょう。
まだ「1+1」もできない子どもの場合は、
片づける場所がわからないのかもしれません。


「ピンクはままごと」「青は車など」と大雑把に分けてみましょう。
おもちゃ箱に、片づけるおもちゃの絵を描いた紙を貼り、準備万端。
「よーいどん!おもちゃさんまた遊ぼうねー」と言い
片付けもゲームにして、遊ばせつつ片付けさせましょう。


それでもだめだった場合は、子どもの好きなおもちゃを指さして
「あーあ、おもちゃさん、お家に帰れなくって泣いてるよ?」と
悲しい顔をしてみると結構片づけます。
片づけた後は、褒めてあげると次も褒めてほしくて頑張ります。



Sponsored Link2

まとめ




危ないことじゃなかった場合は、
怒る前に何故したのかを考えてみましょう。


怒ってしまった後でもいいので
子どもにわかりやすく説明をし、話を聞いてあげましょう。


馬鹿げているかもしれませんが、悲しい顔でアピールしましょう。
子どもにとって悲しむ親の顔は辛く見たくないものです。
怒った顔だと、怖くて話を聞きません。



寝顔はとっても可愛くって、
時々起こすミラクルに毎日楽しませてもらって、
本当に生まれてきてくれて感謝ですよね。


出来ることなら、イライラや怒った日なんて来ないでほしいものです。
そのためにも1つずつ変えて、笑顔の絶えない親子を目指しましょう。


怒っている時は、そのこと一点でいっぱいいっぱいかもしれませんが、
頭の隅にでも、覚えててもらえると嬉しいです。

くまのおかんより

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP